ニューモデルマガジンXが楽しみ過ぎて仕方がない件について

最近、仕事が結構忙しい……。
前職では定時の貴公子と呼ばれた私が、残業だとっ!?Σ( ゚Д゚)

とまあそのへんはどうでもいいんですが(笑)、本日は今月号の発売が迫ったニューモデルマガジンXについて、その魅力を語りたいと思いますw

……ステマじゃないよ!?Σ( ゚Д゚)

スポンサーリンク
レクタングル大

何故ニューモデルマガジンXなのか

最近、完全に私の中での「No.1に楽しみなクルマ雑誌」となったニューモデルマガジンX。
何が良いかって、そりゃあ中身が非常に良いのですが、具体的に良いポイントを上げてみると、

特集が面白い(きちんと毎月スクープ)

各クルマ雑誌の「顏」ともいうべき巻頭特集。
ですが残念なことに、最近の各クルマ雑誌はいまいちパッとしない。

某B誌では「妄想だけで書きました」感が強い特集が多いし、某H誌では2ヶ月に1回は新車スクープを放棄している感もあります。
ぶっちゃけ、妄想記事は「CGのムダ使い」でしかなく、あんな記事を書いてるライターさんは正直猛省するべきだとも思うのだが、まあネタがないのはわかるので仕方ないっちゃあ仕方ないのかもしれない。

ニューモデルマガジンXの特集は派手なCGこそないものの、ちゃんとした取材に基づいて構成されている感が強くて、安心です。
そしてS-FRの開発中止をスッパ抜いたことをはじめとして、結構情報の確度は高いと思う。

白黒ページが面白い

地味に大きいのが、このモノクロページ部分。

マガジンXのコラムって、企業戦略的な位置に立ったものが多い印象で、読んでいて面白い。
一般人から見たエッセイ的なものというよりは、経済新聞的な立ち位置で構成された「コラム」だという印象が強いです。多分、他のクルマ雑誌とは結構違う。
これが好きなのは個人的な趣味もありますw
今月号ではHONDAのEV戦略disってくれたりとかトヨタのロードマップを公開してくれたりとかするみたいなので、かなり楽しみでアリマス(^^;

そして辛口新車レビュー的なコーナーである「ザ・総括」がクソ面白いw
モノクロページ数ページかけてみっちり、その道のプロたちが新車を超辛口レビューしてくれる。
これが毎週毎週猛烈に楽しみだったりするのですww

ちょっと古いですが、まとめ本も出てますよ!(ただし上記リンクは楽天kobo版です)

tweeterがアツいw

先日はHONDAについてのアツい想いをつぶやいておられましたマガジンX公式アカウント。

やはりアツいです。
速報スクープ公式リリースと色々な情報を流してくれますが、たまにつぶやく、クルマ好きとしての想いがにじみ出るツィートがシンパシーを感じさせます。

先日はこのように憤っておられました。
カッコイイ……。

NewsPicksがアツい!

多分、私がこれほどまでにマガジンXにのめり込んでしまったのは、他でもない、NewsPicksが最大の原因だと思います。

※「NewsPicksって何?」と思われる方はコチラをどうぞ。
Yahooみたいにニュースにコメントつけれるサービスですが、違うのは著名人の方が大量にコメントつけてるってことです。●●社CEOとか、××大学教授とか。有名な人で言えば、ホリエモンこと堀江貴文氏とかも活躍してます。

んで、ここにプロピッカーとしておられるのがニューモデルマガジンXの神領 貢編集長。
そのコメントがまた、面白い。
恐らくtweeterともある程度コメントを共有されているのだとは思いますが、NewsPicksではもう一歩踏み込んだコメントが聞けます。

そしてその最後に、「詳しくは今月発売のマガジンX最新号にて」と結ばれると、もうお買い上げするしかなくなります(笑)

Kindleで読める

最後に、Kindle版があるのは大きなプラスです。

私は最近、リアルな本をあまり買わないもので……。
まあサイズの大きな本なので、ちょっちスマホでは読みにくいという難点もあるんですけどね(^^;

Kindle Unlimited対象になってくれれば文句ないんですけど……w

というわけで、本日はやたらめったらとニューモデルマガジンXを激賞した一日でした。
それもこれも、今月号が楽しみで仕方ないからですYO。

年間定期購読とか、アリかもしんないなぁ……。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大