スバルのEV・PHVは未来を掴めるか? 電動化が直面する、コモディティとブランドの壁

スバルの未来

独自の水平対向エンジンと4WD技術に支えられ、独自のファンを多数抱えるスバル。
ラリー界での煌びやかな実績にしても、アイサイトで生み出された素晴らしい安全性能にしても、多くのファンを抱える傑出したブランドであることは疑いありません。

そんなスバルも、大きな転換点を迎えようとしているようです。

スポンサーリンク
レクタングル大

押し寄せる電動化の波

そもそもあんまりスバルに詳しくないワタシですが、何故こんなことを言い出したのかというと、元ネタとしてこんな記事を読んだからです。

米国でスバリスト増殖中!発表目前の新型XVに電動化(PHV)秘策はある?

詳しくは上記記事を読んで頂くとしても、要点をまとめると、

  • 最近売れ過ぎちゃったスバルがZEV規制の対象!
  • スバルは水平対向とAWDシステムにファンがついてきたよね?
  • 電動化するのにトヨタのシステム流用するの?
  • トヨタのシステム流用したとき、スバルのブランドはどうなるの?

という感じでしょうか。
まあ「トヨタの電動化システムを流用する」というのは明確なソースがあるわけではなく、多分こうなるんじゃない的な論調ですが、話の中身には多いに首肯できるところがあります。

こうした中、米ZEV法への対応を最優先課題として、新型XVの電動化が実施される。もちろん、その後に市場投入される新型フォレスター、新型レガシィ、さらには新規開発が噂される大型SUVなどでも、電動化は切っても切れない存在となるだろう。

その上で、スバルが電動化という領域について、どのような企業精神を示すのか?

仮に、トヨタ製の電動ユニットを搭載したとしても、そこには『スバルとしての考え方』が明確にならなければならない。

つまり、この問題こそ、

「コモディティ化」

と直面するタイミングが遂に来たというわけです。

トヨタやNISSANのような量産メーカーはともかくとして、走りのブランドで売り出すスバルやマツダのようなメーカーにとって、死活問題となりうる分岐点が、やってきたと考えるべきでしょう。
ここの戦略を間違えれば、会社を維持できなくなるリスクさえ考えられる……決戦ですね。。

スバルのEV、PHV戦略

スバルの電動化戦略は、実は商品戦略として既に明示されています。

2018年→PHV

2019年→新型ダウンサイジングターボ

2020年→EV

という一年刻みでのリリーススケジュールですね。
こうしてみると、ダウンサイジングターボ以外全く興味がわかない私です(笑)

スバルはインプレッサにHVを独自開発していたぐらいなので、多少は電動化に対する知見はあるでしょうが、そのHVシステムにしても決して評価の高いものではなかったはず。
長短はあるにせよ、少なくとも、「スバル」の冠にファンが期待するレベルには到達していなかったと考えるのが妥当な気がします。

EVについて、スバルはどうやって「スバル車」を作るつもりなのか。
問題はそこにつきます。

少なくとも、アイサイトの絶対的優位性が薄れてきた今、単純な安全性能だけを売りにすることができるとは思い難い。
そして、トヨタ製のPHVシステムとかを使ってしまうものなら、それはスバル車としての「走り」のブランドを捨てることを意味します。
ではPHVやEVを完全独自開発するのかと言えば、その開発費は相応のものになるでしょうから、こちらも決して楽な道のりではないと思われる……。

結構、八方ふさがりなのです。

んで、そこを切り抜けるには、やっぱり単純に強力な独自の技術を持つしかないのでしょう。

マツダのロータリーレンジエクステンダーのような差別化できる武器があればいいのですが…。

そもそも、PHVの技術を独自に推し進めた三菱にしたって、(原因は違えど)現在うまくいっているとは言い難いものがあります。
スバルが単純にPHVを独自開発したところで、アウトランダーの後発でしかないわけなので。。。

正直、「思い切ってスポーツ系エンジンでPHVシステム造っちゃえよ!」と思うデス|д゚)
エコロジーはEV走行で十分だからさぁ……。

いずれどのメーカーも直面する課題

今回、スバルが真っ先にこの問題に直面したわけですが、どのメーカーも同じような課題にいずれ直面していくわけです。
普通に考えれば、電動化の流れはイコールコモディティ化の流れとなるわけで……。
「走り」をウリにしたスバルやマツダのような小さなメーカーにとって、特に大きな試練と言えるでしょう。

きしくも、トヨタもマツダもスバルも2020年頃のEV発売を掲げています。
恐らくトヨタ大連合の中での何らかのリソース共有が行われるものと思いますが、リソースを共有しながら各社が独自の「味」をつけてブランドを形成していくのは、中々に骨の折れる作業でしょうね……。

そして恐らく、EVをトップでリリースするのはマツダです。

トヨタが2020年に本格参入と言われているのですが、マツダは2019年にリリースすると謳っています。
特に独自のブランディング戦略を進めるマツダだけに、EV事業でどのような「技」を見せてくれるのかは非常に注目されるところ。
特にマツダは、PHVに先駆けてEVをリリースすると思われるので……。
既に公言されたロータリーレンジエクステンダーが強力な一歩となるのか、注目です。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大