【妄想劇場】マツダがプレミアムなPHVを作るなら、ロータリーしかないでしょ!?

新旧ソウルレッド比較

先日のロータリーレンジエクステンダーの記事が書いててあまりにも楽しかった(w)ので、本日はその延長戦ということで……。
今度はEVではなく、マツダのつくるPHVについて考えてみたいと思います!

前回はマジメに考えましたが、今回は割と妄想です(*´ω`*)
いやでも妄想と言いつつも、私は結構大真面目だったりしまっせ!?

スポンサーリンク
レクタングル大

プレミアムブランドとしては、PHVが勝負

マツダが目指している方向性が「台数を稼ぐ大衆車メーカー」ではなく、「趣味性の強い独自ブランド」であることはだれの目にも明らかであるわけですが、そうなろと重要性はむしろ、

EV < PHV

ではないでしょうか。
単純にコモディティ化する傾向が見え隠れするEVよりは、エンジン走行を行うPHVの方が、マツダの内燃機関重視の政策に合致する。
それにEVは現時点では長距離移動用のモビリティではないので、いわゆる「日常のアシ」でしかありません。わかりやすく考えれば、原付や軽自動車の代替に近い。
そうなれば、当然のようにプレミアム性・趣味性というのは追求されにくいわけです。

というわけで、PHV。

というわけで、プラグインハイブリッド。

充電機能を要し、EV走行を可能としながらも、充電が切れればハイブリッド走行を行うというこのPHVさんをガチ開発するということは、ようやくマツダがハイブリッドをガチ開発するということになるわけでございます。(※ガチ開発しないかもしれませんがw)

今までアクセラにHVは搭載してきたわけですが、あれはメイドバイトヨタ。
マツダが自らハイブリッドシステムを開発するとなれば、これほど楽しみなことはありません。

だって今まで、散々言われてきたじゃないですか。

「ロータリーエンジンに最適なのは、ハイブリッドシステムだ」って。

低速域をカバーするHVと、高速でのロータリー

最早妄想の世界であることは重々承知の介であります。

が、しかし。

想わずにはいられない。

マツダがハイブリッドシステムを自社開発して、そのうえそれがEV走行可能なPHVシステムだというのなら、低速域を完全に捨てることが可能なのではないかと。。。
高速域でブン回すだけなら、ロータリーは凄まじい選択肢になってきます。
課題と言われたロータリーエンジンの低回転の部分を捨てることができるなら、レシプロエンジンに十分対抗できる夢の選択肢になるのではないでしょうか……。

通常走行時はEVでエコカー。
一定の速度を過ぎればロータリーがうなりを上げ、スポーツドライビングを可能にする…。
これならぶっちゃけ、このPHV全然買いですわ……( ゚Д゚)

そもそも、RX-VISIONなる一台のスポーツカーのためだけに、今のマツダがロータリーエンジンを研究開発しているとは、どうしても思えない。
ロータリーレンジエクステンダーへの転用もあるでしょうが、それにしてはローターの数値が噂されているものと合致しません。(デミオEVは330ccのシングルローターで、RX-VISIONは1ローター800ccクラスではないかと言われている)
排気量など単なる技術的応用に過ぎない!のかもしれませんが(^^;

プレミアムに相応しい高出力を得るには…

そしてプリウスPHVの例を見てもわかる通り、やはりPHVは割高です。
電池のコストの問題もあるのでしょうが、そりゃ制御の仕組みがメチャクチャ大変そうなので……ガソリンとEVの仕組み全部載せなわけですから、今後それほど値下がりするとは考え難い。

少なくともEVやHVに比べれば高いでしょう(´・ω・`)

そうなると、必然的にPHVはプレミアム路線との親和性が高くなる。
高級車路線は、PHVが伸びていくのではないかと思われます。

マツダが「高級路線を目指してる!?」なんて言われてるトコロとカチあいますね。

そしてプレミアム路線ともなれば、いつまでもアテンザが最上位車種とは言っていられない大人な事情もあります。(海外ではCX-9あるけどね)
従って、『リアルにプレミアムな値段をつけたPHV』をつくるところに、マツダの将来があると読む! 違う妄想する!!w

んで、ここで問題が一つ。

高級車といえば当然高出力エンジンがセットなわけですけど、マツダにはその「高出力エンジン」が存在しない。
直4なんか高級車に載せたら激怒されるでしょうから(w)、6気筒以上のうん百馬力エンジンが要求されるようになってくる。
しかしマツダにその開発ノウハウは(多分)ないし、あったとしても欧州各プレミアムブランドの得意なステージに殴り込みをかけるなんて自殺行為だと思います。

そしてこれは私の考えですが、マツダが「高級車を目指す」という定義がそもそも微妙で、誤解があると思います。
マツダはマツダとしてプレミアムブランドとしての価値を成立させるしかないのです。

トヨタでさえレクサスを根付かせるのにめちゃんこ苦労してるわけですから、マツダが高級車なんて作れるわけがない。
マツダの魅力をこの上なく高めたうえで、「結果的に高い値札が付く」というのが、マツダの目指すところなのでしょう。

などとまあ、もしゃもしゃ語ったところで……。

マツダと、そのPHVが進むべき道、見えてきてる気になりません?

高級路線を目指すプレミアムPHV。

必然的に搭載される、低速域を補えるEV走行システム。

そこに要求されるマツダブランドと、欧州各V型〇気筒エンジンに負けないパワーとフィーリング……。

何この図ったようなシチュエーション!?Σ( ゚Д゚)

つまり、プレミアムの道にはロータリーエンジンが必須なわけですよ‼

妄想乙と、言いたくば言え!w

そもそもマツダV6の開発辞めてるじゃん!! それが証拠だ‼ww

自社製PHVがどこまでできるのか…

ただ今までのお話は、PHVシステムを自社開発するという妄想の上でのお話でござる(´・ω・`)

マツダの規模でその研究開発費を重ねることができるのかどうかは、はっきり言って究極的に不明です。
現実的には、トヨタのPHVを買って、そのうえにマツダの付加価値を載せるというのが一番かなぁとも思いますね。
そうなったときに、どこまでマツダ側で調整が効くのかは不明ですが……。

そもそもEV開発だって、バッテリー部分とかの自前化はほぼ不可能でしょうから、ここはうまく外注品との折り合いをつけながらやっていくしかないでしょうね。
研究コストが不足して品質が担保できなくてバクハツ……なんてことが、一番怖いですから。

マツダの「プレミアム化」の第一歩は…?

いずれにしても、マツダが今後ブランドの価値を上げるには「マツダとしての価値の向上」が不可欠です。
欧州ブランドの真似っ子しても、後発は絶対に勝てませんから。

そんな中でプレミアム化の価値を示すのが、果たしてHCCIなのかロータリーなのか。

HCCIは、値付けできても「ハイブリッド車レベル」までな気がするので、どちらかといえばロータリーを活用する方向性に未来を感じます。

もし本日の妄想通り、ロータリーPHVが実現するというのなら、それはとてもマツダらしく美しい未来な気がします。

そのとき、そのPHVに冠される車名には、「コスモ」なんて相応しいんじゃないかなぁと、最後に盛大な妄想を残して皆さんサヨウナラでございますよ!!w(^^ノ

……拙者、プレミアムPHVが出ると信じて貯金を始めようと思うのでゴザル(´・ω・`)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. Pow より:

    プレミアム化を推進するには、やはりもう一段車格の高い車が必要ですよね。
    そうなると、載せるエンジンが必要なわけで。
    ※V6エンジンはいつの間にか止めていたのね。

    PHV+REとなるとプレミアムなイメージにはいいかもしれませんね。
    そう言えばベストカーではコスモ復活なんて載っていましたねw

    マツダのプレミアム化は、
    HCCI+アテンザ(もう一段上の車格がほしいけど直4までしかないので仕方ないですね)と
    PHV+REで、コスモとRX-7だったら夢のようなんですけどね♪
    +SHINARI(RX-8)なんて出たら夢が広がります(*´ω`*)

    将来的にはFRアテンザとかHCCI-REとか~♪

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      V6は確か、CX-9を直4ターボにして終了してたと思います。
      これでエンジンのラインが直4に一本化された、モノヅクリ効率だヒャッハー的な感じだった記憶がありますね(w)
      HCCIアテンザでも最上位グレードFFで400万ぐらいまで(今がFF380万ぐらい、4WDで400万)でしょうから、PHV+REはその一歩先に踏み込めるマツダの奥の手かもしれませんね。
      ていうかリアルに、マツダがお値段高くつけれるのはソコしかない気がする……。
      まあ私はきっと買えません……もう一つ下の車格出してくれないと……ww

      くっ……あの妄想垂れ流しのベストカーの巻頭特集と同列なのは屈辱だ……(笑)
      でも仕方ないですよね、ただの個人ブログだもんw
      ベストカーよりは合理的な復活理由を並べたつもりですww

  2. Pow より:

    ご返信ありがとうございます♪

    妄想垂れ流しのベストカーですかw
    私の書き込みも妄想が大洪水ですけどねw
    いまだにSHINARIにRE乗せてRX-8として売ってほしいって言っているの
    私くらいしかいませんからwww

    あーっ、SKYACTIVテクノロジーのV6見たかったなぁ(´・ω・`)

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      いや、あのコスモスポーツ&2000GT復活特集は完全に妄想だったなぁと…。
      昔はカタイ雑誌だった…とは言いませんが、最近ちょっと酷いですよね。
      ネタがないのはわかるんですが、それならもう月刊化してしまった方がいいんじゃないかと思えてしまいます。。。
      好きなんですけどね、ベストカー(´・ω・`)

      マツダのV6は、まあ会社の規模が規模ですので、選択と集中は仕方ないと思います(^^;
      RX-8の復活は渇望する私ですが、どうせ次は3列シートなのでいそがない予定……www

  3. Pow より:

    ご返信ありがとうございます♪

    私も好きですよ、ベストカーw
    ただ、本当にスクープは当たらないですよねw
    あれでは妄想垂れ流しと言われても仕方がないところですね。
    確かに、コスモスポーツと2000GTは幾らなんでも振って沸いたような話しで信憑性ゼロですからねw
    まぁ、夢を売る車雑誌と言うことでwww

    V6は、Fordと資本提携解消で確実な採用メーカーがなくなってしまいましたからね~。
    仕方がないところですね。

    魂動デザインのカッコいい3列シートの車、出ませんかね?

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      某B誌については、最近ホントに酷いと思いますね……。
      内容を読むと、「スクープ」とは書いてなくて、「こんな感じだったらいいな♪」で書いてある回が多く、ゲンナリします……。
      ホリデーオートも苦労してるようだし、今は苦しい時期なのだとは思いますが……。

      魂動の3列シート車は、もうCX-6(7?)に期待しまくりの私ですw
      でも買えないかなぁ……(*´ω`*)