CX-8はミニバンに勝てるのか!? マツダが見出した勝算とは?

マツダのSUV

さてさて、その名称が公開されて以来、すっかり騒ぎになりましたマツダ「CX-8」。

日本で販売する新世代ラインナップとしては唯一の3列シート車。
プレマシーとビアンテという現行ミニバンの生産を終了して、SUV一本でミニバン市場に立ち向かう、まさに国内決戦兵器です。
果たしてどうなるのか、マツダの戦略とその勝算を、じっくりと考えてみたいと思います。

※このトップ画像は全然8じゃないですよ~。適当な無料素材ですw

スポンサーリンク
レクタングル大

CX-8の投入される市場とは?

さてさて、ここで重要なポイントが一つ。
CX-8が投入される市場、競合する相手というのは、厳密にはファミリーバンではありません。

どういうことかというと、ですね。

以前、CX-8について、他のCXシリーズをはじめとするマツダラインナップとのサイズ比較をしたことがありました。
こんな表ですね。

車種 全長 全幅 全高
CX-5 4,545 1,840 1,690
CX-7 4,695 1,870 1,645
CX-8 4,900 1,840 1,730
CX-9 5,065 1,969 1,716
プレマシー 4,585 1,750 1,615
ビアンテ 4,715 1,770 1,835
MPV 4,860 1,850 1,685
アイシス 4,640 1,710 1,670

この表は歴代CXシリーズや同じマツダ車と比較して、CX-8のサイズ感を類推するためのものなわけです。
如何にCX-8が大きい車かというのは、以前書いた通りこの数字だけでも想像はできるというものですが、それではこれを同社ではなく、ライバルとなる他社商品との比較してみるとどうなるでしょう?

車種 全長 全幅 全高
CX-5 4,545 1,840 1,690
CX-8 4,900 1,840 1,730
エクストレイル 4,640 1,820 1,715
ノア 4,695 1,695 1,825
セレナ 4,690 1,695 1,865
ステップワゴン 4,690 1,695 1,840
エスティマ 4,820 1,810 1,730
オデッセイ 4,830 1,800 1,685
アルファード 4,915 1,850 1,880
アルファード(先代) 4,840 1,830 1,850
エルグランド 4,915 1,850 1,805

CX-8より「大きい数字」を赤字にしています。

全高においてハイト型ミニバンに劣るのはもはや仕方がないとして、全長と全幅を比較してみて下さい。
ミニバン勢でCX-8より大きいのは、アルファード・エルグランドといったハイエンドクラスのみです。
ノアやセレナといった国内向け小型ミニバンが車幅で劣るのは仕方ありませんが、エスティマやオデッセイクラスでも車幅、全長ともにCX-8より短い。

もちろん、CX-8はマツダ車でありSUVであるわけで、プロポーション維持のためにかなりの「長さ」が使われることは疑いありません。
そのため、室内空間のサイズが「アルヴェル並」だなんて、お世辞にも言えたものではないでしょう(笑)

しかし、この数字が雄弁に物語っています。

マツダが狙っているのは、決して「ミニバン市場」ではない。

CX-8が投入される決戦の舞台は、「高級ミニバン市場」なのです。

ミニバン市場では絶対に勝てない

当初の噂通り、CX-5を流用して作った「CX-6」だったならば、対抗は普通の「ミニバン市場」だったのかもしれません。
しれませんが、そこに勝機は極めて薄かった。
それは何故か?

やや極論ですが、

「ミニバンを購入する層の大部分は、デザインも走行性能も求めていない」

というのが答えでしょう。

厳密に言えば、求められていないというわけではありません。
ただ、ミニバンにとってのデザインとは流麗で美しいかどうかではなく、「大きく見えるかどうか」がすべてであり、走行性能は「まず燃費ありきで、欲を言えば静かさとか」が要求される基準になってくるわけです。

私のような「子育て中の車大好き層」からしてみれば、

「もうビアンテでいいから、とにかくディーゼルターボでミニバン出してくれよ(+_+)」

と思ったりするところですし、むしろディーゼルじゃなくて2.5Lのガソリンターボでもいいよカッコワライなところですw

しかし、そんな我々の想いを叶えてくれた挙句、壮絶に散華した一台のミニバンがあります。

ステップワゴン
出展元:HONDAホームページ

そう、HONDAの主力中の主力商品。
このクラスのミニバンの祖とも言うべき、現行ステップワゴンです。

心臓に戴くのは、1.5LのVTECターボ。

そのターボはあくまでもエコ用ダウンサイジングターボとは言え、他のミニバンと比較したときの「走行性能」の差はあまりにも明白。
これほど走り好きの胸を焦がすミニバンはありません。

が、販売的には大苦戦。

もちろん、全く売れないわけではなく、月販3,000台はキープしていますが、中核商品であることを考えれば、明らかに物足りない数字です。
大躍進のセレナ、3兄弟で売るノアシリーズに大きく劣ります。

もちろん、デザインやパッケージング、ユーティリティー性での指摘は耳にします。
御三家の中で劣るのは、そのあたりの「使い勝手感」故もあるのかもしれません。

ですが、大事なのはそこではない。
要するに、「走行性能ではユーザはミニバンを選ばない」というただ一点の事実です。

もし、このステップワゴンが売れていたら……。

走行性能を自慢にした、現行ステップワゴンが市場に受け入れられていたら、マツダはミニバンの販売を、継続していたのではないだろうか、と思ってしまいます。
自慢のディーゼルターボで、独自の魅力を訴求したミニバンを作っていたかもしれません。

しかし、ステップワゴンの敗北を見て、マツダの上層部は悟ったに違いありません。
このクラスのミニバンは、無理だと。
マツダの持ち駒で参入できる市場ではないと、気づいてしまったのでしょう。

マツダが高級ミニバンに見出した勝算

そこで、マツダが目をつけたのが「アルファード」「ヴェルファイヤ」が冠を頂く高級ミニバン市場です。

アル/ヴェルの販売台数を見て、驚愕致しました。
なんと下位車種である「ノア」と変わらないほどの台数が売れているという、超活況市場ではありませんか。
しかもこのグレードになれば、一台あたりの単価が高い分、利益率も相当のものが見込めます。

また一般のミニバン市場とは違い、アル/ヴェルのクラスともなれば「もはや趣味」で車を選ぶ次元でしょう。
効率性だけを基準に車を選ぶのなら、ノアやセレナで十分なのだから、高級ミニバンを敢えて選ぶ層には、「車種を選ぶだけの趣味指向」があるということが予想されます。

ただ、現実的にはマツダCX-8が相手にすべきは、アル/ヴェルではなく、HONDAのオデッセイやトヨタのエスティマになるでしょう。
ガチガチに「広さ」モデルではなく、デザインや走行性能で特徴を出しているモデルたちですね。

オデッセイHV
出展元:HONDAホームページ

特に、走行性能がウリだと思われるのがオデッセイHV。
この車体でこの数字はありえんぐらいの勢いでたたき出している燃費スペックは大きな武器です。

それでは、各車種の価格をチェックしてみます。

車種 価格
オデッセイ 276万~
オデッセイHV 356万~
エスティマ 331万~
エスティマHV 435万~
アルファード 375万~
アルファードHV 415万~

オデッセイハイブリッドモデルの価格は356万から。

CX-8の予想される価格帯は350万あたりと言われており、オデッセイHVの価格帯と完全にカブります。
やはりここが最大のライバル。
オデッセイの販売実績を見れば、前年で月販平均2,000台はキープ。
販売力で劣るマツダですが、やはりこの2,000台のラインは目標になってくるでしょう。

ただ、オデッセイの場合はガソリンモデルがあるので……。
CX-8にしても、早く噂のガソリンエンジンを乗っけないと、厳しい戦いは予想されますね……。

後は私のような、「ミニバンにお金かけたくないから3列シートは中古で済ませる層」を如何に取り込めるかでしょうか(笑)

(私的)現時点での購入可能性はビミョウ…

ちなみにワタクシ、現時点でCX-8を買うかどうかと言われれば、

「きわめて微妙」

です。ハイ(*´ω`*)

恐らく、300万を切るレベルの「ガソリンモデル」があれば、もうちょっと可能性は高かったですね。
ぶっちゃけて言えば、新型SKYACTIVでなくても、現行SKYACTIV2.0Gで全然いいです。
(いや、重くてもいいです。買える価格帯ならw)

CX-5に乗った印象が、「オラはディーゼルよりガソリン派だぞ!」だったので、CX-8でも敢えて高いディーゼルで行くかというのは、う~む……(*´ω`*)
一度ぐらい乗っときたいところではあるんですがねぇ……。

来年の年次改良で、早くもガソリンモデルが投入されれば再度検討致しますが、出るのが年内ギリギリとかになれば、年次改良は来年末。
さすがに一年でエンジンラインナップは増やさないとも思うので、現実的に考えれば再来年。
そうなると、もう拙者はアイシスを買っているでござるなぁ……( ゚Д゚)

いずれにしても、実車見てみて、乗ってみないと。
何にしても結局は、「クルマの出来」がすべてでございますからね!

我が愛車と一文字違いな奇縁……。
なんとかお買い上げしたいところでござるが……(*´ω`*)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. らきゅ より:

    ご無沙汰でございます。しれ~~と記事は読んでいます。

    苦言を一発
    >やや極論ですが、
    >「ミニバンを購入する層の大部分は、デザインも走行性能も求めていない」
    >というのが答えでしょう。

    え~え~よ~~くわかります! 後半が天変地異的要素をはらんでますなぁ笑
    街中には、あまのじゃくな人がたくさんいて、デザインと略してペタペタハリボテしてしてみたり、薄っぺらいタイヤでは物足りず、さらに地面に近づこうとしてサスはいらない子と化している、走行性能 第一ぃぃぃぃ~~~!! な おかしな人が大部分を占めています。 ぉ。。。 さらに、趣向が似てらっしゃるのか、皆同じです。

     最近ふっとおもったのですけどね、ミニバンで走行性能っていっても、旋回性は語るまでもないですが、トルクあるエンジンを載せることになるんですね。 ってなると後部に載っている人間は、そりゃもうジェットコースター気分を味わえるってわけです。
     そのうち・・・「酔うーー へぼい運転すんなや、ごら!! 晩飯抜きな」って声が掛かるのです。なので、開発しないのじゃないかと感じます。 特にこの狭い日本道路事情からいうとヤバイことになりそうで。(苦笑)

     スッテっぷも、2Lターボも出来たのでしょうが、他とのバランスがとれず、直線番長でヨロ ってことになっちゃってたかもしれませんね。
     一人ならあまり影響でないですが、それなら違う車でブイブイした方が楽しいですよね。ではでは

    • セトシン より:

      らきゅさん、コメントありがとうございます♪
      そしてご無沙汰しております♪w 楽しんで頂ければ嬉しいです(^^;

      おお確かに!
      いますね、ミニバンでデザインと走行性能に拘泥されている方々!!
      ……なかなか我々の理解がおぼつかないゾーンではありますが(汗)

      あれですよね、たまにタイヤが斜めになってたりとかですよねw
      あれで上手く走れるって、クルマってすげーなぁと思いますww

      「スッテっぷ」にちょっと吹きましたww
      乗りたいけど、新車でまでは……う~む……(´・ω・`)