マツダミュージアム子連れ探訪! 787Bと工場見学に3歳児ご満悦♪【前編】

マツダミュージアム 787B

マツダミュージアムに行ってきました‼

平日の金曜日に代休とって緊急出撃!
保育園児の3歳児を連れて、岡山から広島まで突撃を敢行しました!

大勢のマツダ車のお出迎えから、大興奮の工場見学に至るまで。
マツダミュージアム観光の魅力を、たっぷりとご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク
レクタングル大

いきなりですが一眼レフ買いました!

いきなりですが、何とこの日のために一眼レフを購入してしまいました!
ブロガー(?)にあるまじきことですが、私の写真は今まで全部iPhone撮影だったのでお世辞にも綺麗というものではなかったのですが……。

今回のエントリーから写真がクソ綺麗になるはず!( ゚Д゚)ノ

ただしまだ使い方がイマイチわからない‼( ゚Д゚)ノ

一眼レフα5000

じゃじゃん♪

まあ一眼レフといっても、正確にはミラーレス一眼レフなのですが(^^;
コンパクトで持ちやすいし、前のデジカメをお尻のポケットに入れたまま座って壊したメタボリックデストロイヤーの入門編には、ちょうどいいかな♪

2014年モデルで、SONYのα5000というカメラです。
中古で20,000円(諸費用及び良さげメモリーカードで30,000)ぐらいかな。
望遠レンズはありませんでしたが、まあ良いとしましょう、遠くのクルマ撮ることはそんなにない(運動会のときに公開する可能性も有w)

アテンザ

美しく撮れるぜ!(ノ ゚Д゚)ノ

インスタグラムでもはじめてみようかしら……(*´ω`*)
(↑調子に乗ってるw)

これで何ら臆するところなく、マツダミュージアムに乗り込めるというものです!

【前提】ご予約と営業日について

ちなみにですが、マツダミュージアムは完全予約制です。
なので、旅行前にきちんと予約しておきましょう~♪
予約状況は日によってまちまちというところですが、私の希望日は2週間前の予約でギリギリでした。(私と子どもが最後の二人だった)
曜日やシーズンによって色々と変動がありそうなので、早めに申し込むのが一番ですね。

以下の公式HPから、簡単に予約できますよ!
完全無料なのもありがたい……(涙)

http://www.mazda.com/ja/about/museum/

ちなみに最大の注意点は、平日のみしか営業していません。
これは恐らく、工場が平日しか稼働していないためでしょうが、働くパパとママには中々厳しいポイントですねぇ……(´・ω・`)

さて………………。

いざ、出陣じゃぁぁぁっ‼( ゚Д゚)ノ

RX-8で家族旅行

ちなみにママは御仕事だったので置いていきましたww
勤労感謝でございますww

観光ポイント1:マツダ本社ロビー

マツダ本社

到着じゃぁぁぁぁっ‼( ゚Д゚)ノ

夢にまで見たマツダ本社じゃないですかぁぁぁっ!
もっと大きな高層ビルかと思ったけど、案外フツーの建物。
確かに営業現場や工場にお金をかけるべきで、本社ビルをスゴクしても仕方がないですもんね。。。

マツダ病院

隣にはマツダ病院なんてものがある!?Σ( ゚Д゚)

すっかりマツダの町って感じですな……。

気負いし過ぎたのか、ツアー開始時間の13:30(日本人向け)より1時間以上前に着いてしまったので、待ち時間ありまくりでした……ww

ツアー受付の開始そのものは30分前の13時ぐらいからのようですので、それほど慌てていく必要もなかったみたいです(^^;
そして駐車場は普通にありますが、一応「なるべく公共機関を使ってね♪」とのお願いがあります。ムシりましたスイマセンm(_ _)m

マツダ本社ロビー

本社ロビーでは、たくさんのマツダ車がお出迎え。
残念ながら期待していたシナリとかそのあたりのコンセプトカーはありませんでしたが、

デミオセダン

デミオセダンリア(マツダ2)

なんかデミオセダンあるじゃん!?Σ( ゚Д゚)

というわけで、デミオセダンの特集はまた後日ゆっくりと……w

とりあえず待ち時間ありすぎで暇ぷ~でしたが、マツダ車をふつうにぼんやり眺めてるだけで時間は潰せますw
また、本社ロビー内にはタリーズもあるのですが、入館の受付時にタリーズ100円引きのバッチをくれます。
コーヒーは愚か、アイスクリームでも100円引きになる優れものなので、これを有効利用して時間つぶしをするのが吉ですかね~♪

ロビーではスーツ姿の御仕事中のワークマンとすれ違いますが、マツダ社員の方なのか、サプライヤーの方なのか、或はプログラムレビューに来たSEの方なのか……w
自動車関連のプログラマ―は大変そうだよなぁ……レビューとか信じられん……ww

うちはタリーズで息子とアイスをいただいた後、のんびりとマツダ車ウォッチングを楽しんでました♪
でも流石に1時間待ちは暇そうでした……w

観光ポイント2:バス→ミュージアム

13:30になると、本社ロビー前にバスが来て、ツアー参加者をミュージアムまで連れていってくれるんですが、そのあたりは一切撮影禁止だそうです。
マツダマークが堂々と書いてあるバスが印象的だったのですが、ロビーに来たバス撮ろうとすると「バスもダメです」って言われました……無念(*´Д`)

このバスで移動中も、ガイドさんがマツダ社内施設を色々と説明してくれます。
マンションの一室で仕事してる立場からすると、「うわー資本力すげーww」と思ってしまうのは致し方ないほど、中は広いですね~~(^^;
バスに揺られる時間は、10分から15分くらいでしょうか。
広大なマツダの施設を遊覧できます。

消防署だとかマツダ専用の橋だとか、ガイドさんが色々教えてくれます。
「うわー」とか「へー」とか「すげー」とか色々思うわけですが、それにしても、いやがおうにもテンションが上がるスポットは、

「完成した新車を出荷まで一時保存しておく駐車場」

じゃないですかね‼
もちろん野ざらしではありません、屋根付きですwww

駐車場といっても、立体駐車場なわけなのですが、その隙間からチラッとロードスターやらCX-3やらが大量に並んでいる様がみてとれます。
テンション上がります。
興奮しますね、発情すると言い換えても良いぐらいですww

しかしすごい台数だなぁ……マツダが中小メーカーだといっても、あくまでクルマ企業。
その規模は圧巻ですねぇ……(´・ω・`)

観光ポイント3:ミュージアムロビー

ミュージアム内

というわけで、ミュージアム着。

マツダ車たちが一斉にお出迎えしてくれます。

アテンザ

まあぶっちゃけ、ここでお出迎えしてくれるクルマたちは本社ロビーで散々見た直後だったので、どうというものではないんですがww
相変わらずカッコいいので欲しいなぁという気分にはさせてくれますw

つかロードスター欲しすぎるww

到着後、マツダの歴史的なムービーが上映されますが、正直言って私は全く見ておりませんw

ムービーはさすがに3歳児にはキツかったようで……。
上映開始から3分後には、ロードスターめがけて走り回る我が子を追いかけることになりましたww

観光ポイント4:歴代の名車展示

さて、ムービーの上映が終わると、いよいよ過去の名車たちのお出迎えです。

言葉を尽くしても仕方ないので、早速の一眼レフショット(しつこいw)たちでご紹介しておくと……。

マツダ三輪トラック

マツダの歴史のはじまりを告げる三輪トラック。

三輪トラック(大)

同じく三輪トラック(大)。

キャロル

歴史ある勇者キャロル。
もちろん、OEMではありませんw

サバンナRX-7

サバンナRX-7。
リトラクタブルが開いてるのはいい感じながら、ライト閉じてるバージョンもみたかったというこの我がままなマイソウル……。

コスモ

コスモ。
きっとロータリーPHVとしてよみがえると私が信じてやまない車種ですw

他にも色々あります。
つかむしろ↑の写真見て頂ければわかるんですが、奥に向けて色々と垂涎もののモデルが並んでるんです。
でも、私が見えたのはここまででした。

息子が突然、「ピンクのパーンパーン見る!」と叫びながら施設の奥へと走り去ってしまった……。
慌てて追いかける私。
サヨウナラ歴代の名車たち……。

最後に伝説のロータリー、コスモスポーツの美しき雄姿を……。

コスモスポーツ(涙)

息子を追いながら、後ろ姿だけ撮りましたw

観光ポイント5:ピンクのパーンパーンw(787B)

突然、「ピンクのパーンパーン見る!」と叫びながら走り去った息子。

私がRX-7(FD)を見つけて、「セブン見よ!」と呼び止めても振り返ることはありませんでした。
それは何故か……?

787B

その理由がコレですww

どうやら我が子はすっかり787Bがお気に入りらしく、展示エリアにかじりついて動いてくれませんでしたw

787B

787Bエンジン

ちなみに「パーンパーン」とは一般的に言う「ブーブー」のことですw
我が家での呼び方はちょっと回転数高めなのですw(*´ω`*)

我が子と787B

ちなみにうちの子がクルマ大好きっ子になった最大の原点はといえば、2015年に見に行ったマツダファンフェスタなわけであります。
そこで疾走してたのがこの787Bだったので、彼にとって「運命との再会」とでも、言えるかもしれませんねw

さて、何だか長くなったのでこのマツダミュージアム観光ツアーレポは後編に続きますw
後編もお楽しみに♪

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大