マツダミュージアム子連れ探訪! 787Bと工場見学に3歳児ご満悦♪【後編】

前回の続きです。
三歳児と行くマツダミュージアム体験レポートですよ~♪

スポンサーリンク
レクタングル大

観光ポイント6:ロータリーエンジン展示

ロータリーエンジン

やはりマツダといえばコレでしょう!
ロータリーエンジンの展示コーナー!

ろくに説明を読む暇はありませんでした(活発に動き回る我が子w)が、もうこのおにぎり見るだけでテンションは上がりますね♪

展示では、様々な世代のロータリーエンジンが展示されていました。

「うわー、フクザツそうな機械だな~」

というのが、機械オンチのワタクシの感想w
技術者さんはすごい‼(ノ ゚Д゚)ノ
自分的には、こんなん触ったら一分で壊す自身あるもんねw
何せ私はパソコン自作できないシステムエンジニアですから!ww

レネシス

名機RENESIS。
我が愛しのRX-8に搭載された最後の市販ロータリー。
サイド排気を導入したのが特徴で、エンジンオブザイヤーも受賞しています♪

高速道路を3500回転ぐらいで巡行したときの、嗚呼ロータリーだなって音が大好き(*´ω`*)

観光ポイント7:技術展示

続いて技術展示。
SKYACTIV技術に併せて、デザインの資料や衝突安全性の実験結果(壊れたCX-5)が置いてあったりします。
やはり走り抜けていく三歳児を延々と追い回していた私は、ろくに見ることができませんでしたが、まあマツダフリークの方からすれば「もう知ってるよ!」な内容ではないでしょうかw

まあこのコーナー、私的に最大のポイントは……。

SKYACTIV-DRIVE

スーペル・ドイサン!(ノ ゚Д゚)ノ

我がカーライフの父と呼ばせて下さい‼(笑)

このSKYACTIV-DRIVEがなかったらと思うと、ゾッとします……。
マツダもATなしで、CVT車だったりしたら……ヒィェェェ( ゚Д゚A;;

観光ポイント8:工場見学(組み立てライン)

写真撮影禁止ポイント。
カメラは必ずレンズにキャップをしろというほどの念の入れよう。
まあマツダのビジネスの根幹の一つなわけで、無理なからぬことでしょう。

ぶっちゃけ、マツダミュージアム観光の最大の見どころです。

写真で紹介できないのはこの上なく残念ですが、とにかく圧巻。

次々と流れてくるマツダ車。

次々と形を成すCX-3。

次々と完成するロードスター。

いやぁ、マツダ車好きにはたまりません!
そもそもこれだけのマツダ車が一望できるという時点で感動なのですが、それが続々と組上がっていく様は、もうテンションアゲアゲになりますw

この工場では、主に「ロードスター」と「CXシリーズ」を生産しているそうです。
私が見たときにラインに流れていたのは、「ロードスター」と「CX-3」、そして「FIAT アバルト124スパイダー」でした。

FIAT124スパイダー
出展元:FIATホームページ

特に見学する我々と同じようなペースでラインに流れていたのが、「アバルト124スパイダー」だったのですが、なんだかこうやってマツダがつくっているのを見ると、改めて兄弟車種であることに納得ですw

これはこれでカッコイイぜ!(*´ω`*)

そしてこの工場見学、うちの三歳児にはメガヒットだったようです。
抱っこしてあげると、真剣に生産ラインを凝視してました。(抱っこしないと見れない)

「あっ、ロードスターこわれとるなぁ」

「ロードスターなおったなぁ」

を連呼してましたw

結局、ツアー客の中で最後に工場を出たのが我々だったのですが(w)、子どもはそれでも「かえらん!」と激怒……(*´Д`)
クレーンに載せられて別のラインに動かされていくロードスターを凝視していました。
我がまま王子、ご満悦だったようです。

ちなみに遠くのラインでは見たことのないテールが見えたので、あれがCX-9だろうなぁと漠然と思ってましたw

それにしてもロードスターが次々出来上がってましたけど、それは大量につくるほど売れてるってことでしょうから、何ともうれしい限りです(*´ω`*)

観光ポイント9:環境技術展示

水素ロータリーRX8

最後に環境技術展示。

水素ロータリー搭載RX-8の出番です!w
いやー、もう次世代環境車はコレにしてほしいですね。
だってガソリン入れたらふつうにロータリーで走れるんだもんww

水素プレマシー

同じくプレマシー。
まあちょっと旧モデルですが(汗)

ロータリー搭載プレマシーとか、それだけで即買いレベルですが、まあ市販してもマニア以外には売れないんだろうなぁww
我が家の3列シート事情にもっとも適合する一台なんですけどww

ハイドロジェンロータリーユニット

水素ロータリーの本体も展示。
水素社会よ早く来い……( ゚Д゚)

写真はありませんが、この他にはデミオEVが展示されていました。
ていうかデミオEVは思いっきりマツダ本社の駐車場で充電してましたw

まあEVは再来年ぐらいには出ますので、楽しみに待っておきましょう♪

番外編:おみやげものコーナー

このマツダミュージアムですが、ちゃっかりとお土産物コーナーを備えています。

うちの子は787Bの下敷き(使う予定なし、観賞用w)を買いましたが、他にもミニカーとか売ってます。
ただ、ミニカーはマツダ本社隣(駐車場の隣)のグッズショップに豊富な品揃えがありますので、むしろそちらで買ったほうがいいと思いますね♪
一方で、ミュージアムにしかないグッズもあるので、そこは要注意ですw

ちなみにうちの子、グッズショップでは1,500円のアテンザを所望。
嫁へのお土産に同じく1,500円のアクセラを購入し、帰路につきました。

このミニカーたちはあくまで観賞用なので、台座にビスで固定されてます。
ビスを外せば遊べますが、すぐ壊れますw
帰ったときには、アテンザは既にミラーがなかった……(*´Д`)

というわけで、マツダミュージアム観光レポートでした!

平日休みが取れる方には、猛烈におすすめのスポットですよ♪
まあ私は半分ぐらいしか見えませんでしたがwww

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大