鮮烈なるデミオセダン! 美しきMAZDA2の実車と出会ったお話!

デミオセダン

これは美しい!Σ( ゚Д゚)

先月、マツダミュージアム見学にマツダ本社のロビーを訪れたとき、衝撃的な出会いが待っていました。
淡いベージュの木目の上で、光源に照らされながら鎮座していた一台のセダン。
日本未発売のMAZDA2、デミオセダンの姿が、そこにあるではありませんか!?

というわけで本日は、世にも珍しい(?)デミオセダンの実車レポートだよ♪

スポンサーリンク
レクタングル大

そのままデミオなフロントとアクセラなリア

デミオセダン フロント

うちの子が乗り込もうとしておられるww

こうして実車を改めて見てみますと、やはりデミオです。

なんのこっちゃと言われるかもしれませんが、やはりデミオです。

そりゃ「デミオセダン」なんだからそうなんだろ、というわけですが(^^;
少なくともフロントビュー的には、それほど違和感は感じずに「デミオ」してます。
ただ、リアビューについては、

デミオセダン リア

あまりデミオっぽくありません。
まあ元々デミオはハッチバックなので仕方がないのですが。

同じセダンということで、うちのアクセラセダンに近い印象を受けます。
デミオのリアビューと言えば、第一印象があのテールランプなんですが、この子の形は少し違いそうですね~。

デミオセダン サイドビュー

同格他車との違いというか、デザイン上のマツダらしい強みは、やはりこのサイドビューから見た全体の滑らかさでしょうか。
ライトをうまく反射させるプレスラインの入り方は、クラス問わず強烈です(*´ω`*)

室内は広く、アクセラに匹敵?

デミオセダン ステアリング

ステアリング。

デミオセダン インパネ

インパネ。

まあ内装について言えば、良くも悪くもデミオって感じです。
ていうか、日本でのデミオそのままです。
特にLパケ的な内装でもなかったので、そのままズバリな量販グレードなのでしょうが、質感という意味では「Bセグメントとしてはオシャレ」ですが「上位車種を知ってしまうと物足りない」という感じですかね(^^;

ただ、

デミオセダン 後部座席

後部座席は結構広いぜ!
(相変わらずウチの子が乗り込んでますw)

ハッチバックの後部座席に乗ったことないので、正直体感の差は言えないのですが、思った以上に広かったかなと。
ぶっちゃけ、ファミリー世帯の需要には全然耐えれます。
うちのアクセラと比べても、そこまで差は感じなかったかなぁ。

デミオセダン 後部座席の足回り

客観的なデータを提示するなら、この写真ぐらいか。

普通に座って、前の座席もフルに後ろな状態で、コブシ一個から一個半ぐらいの膝余裕。
決して広くはないけど、必要十分な空間性能というところでしょうか。

オジサン、夏なので短パンなのよ……スマヌ(*´ω`*)

日本で販売するとしたら?

MAZDA2の紹介

説明では、

流行に敏感で上昇志向が強い若者の、「成功の証としてフォーマルでありながらも、先進的なスタイリングが欲しい」という潜在ニーズに応えています。

となっており、海外でのターゲット層は若者のようです。

が、日本ではそうはいくまい(´・ω・`)

デミオセダンを購入する若年層がいるとすれば、とっくに普通のデミオ買ってるはず。
若者的には、結婚する前に買う「初めての新車」的な立ち位置じゃないかなと思うんだけど、それなら敢えてセダンは選ばないよなぁと。
単純に考えれば、日本では海外のように売れないことが予想されます。

恐らくターゲット層は中高齢者の乗り換え・ダウンサイジング需要でしょう。
デミオセダンのLパケなら、いわゆるプレミオ・アリオンといったプレミアム5ナンバー層に十分に対応できる。
動力性能ならむしろ1.5Dが圧勝します。
同じくFITベースのグレイスは良い車ですが、デザイン的な「垢抜け」がなく、スポーティーさや上述の「先進的なスタイリング」を求める層のニーズにはデミオセダンが合致するはずです。

ていうか、ライバルに旧世代車が多いので、売り出すだけで優位に立てるのがこのクラスの美味しいところ。
実質的に「新型」だと言える5ナンバーセダンは、グレイスとカローラぐらいですし、カローラは次期モデルで3ナンバーになります(多分)のでデミオセダンが相手するクラスではなくなります。

とにかく維持費が安くて5ナンバーというのが、日本のダウンサイジング需要には確実に刺さる一台には、間違いないのです。

懸念があるとすれば、マツダというブランドか。

プレミオ・アリオンを購入される主な層は、トヨタというブランドに惹かれる点も多いにありそうです。敢えてマツダとかありえん、的な感じでしょうか。
そうでなくとも、マツダのマーケティング手法とは相性が悪そう……どちらかといえばTVCMとかがリーチしやすい層だったり、昔の流れでそのままずっとトヨタ車、敢えて変えるのも面倒だし、今までお世話になってるし……みたいな方が多いのかな~。

それにまあ、何だかんだ言って。

プレミオ・アリオンってむちゃくちゃカッコいいですけどね(´・ω・`)

個人的にはシエンタと並ぶ、近年のトヨタデザインの最高傑作だと思ってます。
そこに勝てるかデミオセダン!?Σ( ゚Д゚)
だからそこは中身で勝負か……プレミオの中身は旧型だからなぁ。

恐らく、単純に日本で生産してないというのが、日本で販売しない主要な原因なのでしょう。
国内工場で作ってたら、とりあえず売ってる気はする。
敢えて生産ラインを整えてまで……ということなんでしょうね。
また、競合が少ないとは言っても、それはそもそもニーズが少ないことの裏返しですし……。

でも、そういう細かい理屈は置いておいて、公道で見てみたい車種であることもまた、間違いないんですよね~(*´ω`*)

とりあえず、「マツダ本社に行ってみたらなんかいたw」のコーナーでしたww
シナリがRX-VISIONがいないかと思ってウキウキしていた無垢な私でしたが、デミオセダンと出会えたから許す!w

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大