アクアとノート”e-Power”の間に横たわる「大きな差」とは?

ノートePowerシフトレバー

私ははっきり言えば、ノート”e-Power”というクルマがあまり好きではありません。

理由は多々ありますが、最たるものは内外装です。
エクステリアは好みの問題もあるでしょうが、特に内装は「未来感を演出しようとして失敗している」感が強く、操作系はむしろ誤操作の危険さえ感じさせるものでした。
正直、これにGOを出したNISSAN上層部の判断は理解に苦しみます。

…………とまあ、強烈にノートをのっけからdisってしまいましたが。

それでも、知人に「アクアとノート、どっちに乗るべき?」と聞かれれば、私は迷わずノートを推すと思いますね。

スポンサーリンク
レクタングル大

アクアはあくまでもコンパクトカー

正直に申し上げますと、マイナーチェンジ後のアクアにはまだ乗ったことがありません。
私がアクアに乗ったのは、MC前の型でございますので、その点は明記させて頂きますし、もしかしたらMCで劇的な改善が施されているのかもしれません。
この投稿のアクアの乗り味についての評価は、MC前の評価だと思ってください。
また試乗して乗り味が全然違ったら、大きく修正をかけさせて頂きますm(_ _)m

アクアというのは、あくまでも「コンパクトカー」です。
クラス相応のドライビングフィールしか、与えてくれません。
HVシステムがもたらすEV的なリニアな加速感が全くないわけではありませんが、決して大きなものではありません。

これはアクアをdisっているわけではなく、あくまでも乗り味という点については、「クラス標準を大きく超えるものではない」ということを言っています。
本来、アクアの顧客というのはそれほど乗り味を重視する層ではなかっただけに、これで問題はなかったのです。
ある意味、費用対効果として、顧客の求めるレベルを効率的な価格で提供していた素晴らしい見本だったと言えると思います。

しかし、それはひっくり返されました。

ノート”e-Power”の何がすごいかと言えば、アクアを検討する層の顧客に、「運転の楽しさ」という基軸を植え付けたことにあります。
今までクルマを移動するための道具としてしか捉えていなかった顧客に、「e-Powerは運転して楽しい!」というはっきりとしたわかりやすさを訴求したことが、あの販売実績につながったことは疑いありません。

ノートの強さはマーケティングだけではない

何故こんなことを言い出したかというと、以下のような記事を読んだからです。

トヨタの販売現場からは「”新しいEV”といっても、実質的にシリーズハイブリッド車でしょ。マーケティング戦略としては見事だと思いますが、なんとも悔しいかぎりです」という声が挙がっている。

新型アクアは激売れノートに逆襲できるのか!?トヨタが用意した燃費以外の秘策とは?

トヨタの販売現場からの声ということですが、これは大きな間違い。
確かにNISSANがノート”e-Power”を「新しいEV」として売り出した作戦は見事だと思いますが、お客さんが評価しているのはそういう雰囲気の問題だけではないと思うのです。

実際にノートの運転感覚は非常にEV的で目新しく、「試乗」の範囲ではほとんどの人が気に入ると思います。
特に日常使いの低速から来る加速感はフルEVならではの性能で、回生ブレーキを利用した新しいペダルワークの提案も、非常に斬新で面白い。
少なくとも「街乗りの普段使い」という面において、アクアがこのノートの「運転感覚」を上回るのは至難の技だと思います。(個人的には、現TNGAプリウスでようやく勝てるぐらいかなぁと思います)

エンジンがe-Powerに劣るわけではないが…

ただ、

「デミオとノート、どっちに乗るべき?」と聞かれれば、私は迷わずデミオを推しますw

ディーゼルとe-Powerで比較したとしても、運転感覚の心地よさはデミオです。
フロントがやや重いですが、それでも全然デミオ推しです。
e-PowerのEV的運転感覚がガソリンエンジンを上回っている、とは思っていません。
個人的な好みかもしれませんが、内外装のデザインでデミオの圧勝なのは疑いないですしね……。

従って何も「新しいEV」がとんでもなく素晴らしいということを言いたいわけではありません。
だって私は内燃機関派だものw
どちらかといえば、e-Powerの運転感覚は「あまり好きではない」に属するものでした。
もちろん、ノートというモデルがマイナーチェンジである点、走りを意識した車種ではない点には留意して然るべきでしょうが、それでもあまり好きにはなれなかった。

ただそれでも、単純に運動性を見るなら、アクアよりはノート”e-Power”だと思います。

マイナーチェンジで失地回復は厳しいのでは?

結局、何が言いたいのかと言えば、

「今回のアクアのマイナーチェンジでも、失地回復は厳しいと思う」

という一点です。
MCによって様々な部分が向上したと思うし、(乗ってないけど)運動性能も良くなっているのだと思います。
元より強みであったデザインは更に研ぎ澄まされているし、燃費は遂に38km/lを超えました(専用グレードねw)

でも、そもそもアクアがノートに負けていた理由は、燃費やデザインではないのです。

アクアのデザインは、個人的に大好きです。
クラス相応にとどまったインテリア(MC前のイメージ)はともかくとして、未来感と愛嬌をミックスさせながらも、全高を低めに抑えてシャープに決めたエクステリアはトヨタ必殺の仕事だと思っています。
MCにおいてそのデザインは更に強化され、コンパクトカーというクラスでは屈指のデザインだと勝手に思っています。

ただ、それでも。

「アクアとノート、どっちに乗るべき?」と聞かれれば、私は迷わずノートを推すのです。

それほどまでに、ドライビングフィールという意味でアクア(MC前ですが)とノート(e-Power)には大きな差があると思っています。

プリウスとの販売の兼ね合いや、トヨタが元々描いていた開発計画の問題もあるので、今回のMCを「手抜きだバーロー!新モデル出せ!」と単純に非難するわけではないのですが(汗)、アクアという看板商品には、早急なる次の一手が求められていると思います。

そうなると、トヨタ自慢のPHV化しかないかなぁ……(*´ω`*)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大