レクサス新型LSに見たトヨタの誇り。”自動運転”の言葉がない美しさ。

はっきり言って、レクサスというのはそもそも天上界の御車なので、ワタクシにはあまり縁のない世界でゴザイマス。
そもそも当サイトは庶民派(失礼w)なので、こういった高級ブランドのニュースはそれほど取り上げないようにしているのでございます。

……が、しかし!

ちょっと感動したレクサスLS。

この予防安全技術は、日産の「プロパイロット」を大きく凌いでいるんじゃないのかい?(*´ω`*)

スポンサーリンク
レクタングル大

先行者追従走行にレーンチェンジアシスト等…

先進安全装備については、以下のプレスリリースを読むのが一番充実しています。

LEXUS、新型LSに搭載予定の予防安全技術を公表

かいつまんで言えば、大きな新機能は3つあって、

  • 自動ブレーキ機能において、ど~しても衝突が避けられない場合は、ステアリングを制御して回避を行う(世界初)
  • レーントレーシングアシスト。レーダークルーズコントロール作動時に、車線を維持する(運転操作の支援)。
  • レーンチェンジアシスト。方向指示レバー操作を合図として、最適なタイミングで車線変更の支援を行う。(つまり方向指示器だけで自動で車線変更?)

いちいち「支援を行う」としか書いてないのですが……。
レーントレーシングアシストで車線維持が出来れば、もう立派なプロパイロットです。
車線変更アシストに至っては、国内企業で実践している会社はありません。

実際には、全車速追従機能付クルーズコントロールの対応速度域が変わっていない(定速制御が50~100km)のなら、あくまでも高速道路に限定された用途ではありますが……。
それでも、俄然、トヨタがこの分野で追いついてきた感が強いですね。

緊急時におけるアクティブ操舵回避支援というのは、何だかちょっと怖い気もしますが(w)、システムがステアリング制御に割り込んでも十分に安全だという判断なのでしょう。
遂にこの域まで来た、というところでしょうか。

「自動運転」を標ぼうしないトヨタ

これだけ機能が揃ってれば、明らかにプロパイロット相当の自動運転を掲げることは可能だと思うんですよ。
そもそも50km以上で追従走行してくれて、ステアリング制御も加わるというのなら、完全に高速道路左車線は自動走行できる領域ですよね。

でも、トヨタは一言として「自動運転」という言葉を使いません。

これ、自動車メーカーとしての意地と誇りが滲み出てる気がしますね。

ユーザーに誤解を与えないようにという、細心の配慮。
現段階の装備では自動運転は完璧ではなく、ドライバーを支援する仕組みに過ぎないのだという、大前提の部分を非常に大事にしている感があるなぁと思いました。
意識高い系が見れば「日本企業らしい逃げ」だとか言いそうですが、このトヨタの姿勢は安全第一であることがこの上無く重要な、自動車メーカーとしての矜持だと思います。

まだ「自動運転」ではないんだぞ。

まだ「運転支援」なんだぞ。

そういうトヨタからのメッセージが、今回の技術発表からは強く伺えます。

「すごいな、トヨタ」と、改めて思った一日でした(*´ω`*)

まだまだ余裕がある、ということなのかもしれませんがww

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. ななし より:

    スバルのアイサイトが頭に思い浮かびました。
    いくらメディアや車ファンに「自動運転」「ぶつからない車」などと騒がれても、スバルは一貫して「あくまで運転支援にすぎません」と主張してきました。
    マツダやトヨタ等、自動ブレーキやクルーズコントロールに定評のあるメーカーも同じですよね。

    自動運転の名を掲げていち早く研究に取り組んできた日産の取組みも素晴らしいですが、どのメーカーもまだ完璧なものを作り出せてない以上、あくまで「支援」だと割り切ることが大切ですよね…

    • セトシン より:

      ななしさん、コメントありがとうございます♪

      そうですよね、確かにスバルはここに至っても新型アイサイトで「自動運転」を標ぼうする様子はありません。
      完璧というものの定義も難しいですが、まだまだ完全ではない以上、ユーザを危険に陥れないように配慮を欠かさないこういった姿勢は素晴らしいと思います。
      おっしゃる通り、日産の敢えて「自動運転」を標ぼうしてユーザーの教育に向き合う姿勢も大事だと思いますが、トヨタの今回の姿勢は、日本人らしい潔さを感じてしまうのは、さすがに判官びいきでしょうか(^^;

      しかしトヨタもスバルも、徐々にステージに上がってきた感じですね!

  2. very より:

    自動運転って言葉が紛らわしいんですよね。自動っていうと人間何もやらなくていいんだと誤解する人意外に思います。運転支援という言葉程度にとどめてもらえると、あくまで運転するのは自分自身だなと考えることができるのですが、セトシンさんがお嫌いな某A国のT社は自動運転(autopilot)とかいう言葉が好きでやたら使うんですが、ユーザーに誤解招くんでやめてもらいたいです。

    • セトシン より:

      veryさん、コメントありがとうございます♪

      そこですよね。使い方にどうしても語弊が出てくる。
      少なくとも、ハンドルを離すことができない以上は、あくまでも「運転支援」という言葉が正解ですよね。

      某国のT社は、昔は応援してたんですけどね……完全に自動運転の件で嫌いになりました。
      公式ホームページを見ると、堂々と完全自動運転機能が謳われてますよ。後は各国の認可を待つのみ、というレベルですw