新型カムリから次期マークXを妄想してみるの回(生産中止になったらスマソ)

新型カムリ

先日試乗してきた新型カムリ。

いやー、良いクルマでした。
でも残念、少し派手さが足りなかった。(個人の感想です)
これがHVじゃなく、V6とかだったら良かったのに……。

という感想を先日垂れ流したわけですが、ある日、ふと気が付いたのです。

派手になるのはマークXの仕事やんけ!?Σ( ゚Д゚)

そうだよ、別にカムリが派手になる必要なんてないじゃん!
派手になるのはあくまでも、スポーツグレードの仕事でしょ!
となれば、これはきっと次期マークXのために敢えてカムリ本体は地味にしてるに違いない!!

……なんとも幸せな思考回路を誇るワタクシww

というわけで、本日はカムリから派生されてFF化すると噂の次期マークXについて、懇々と妄想してみたいと思います!
あ、次期型が出ずに生産中止になったらスミマセヌ(笑……えない)

スポンサーリンク
レクタングル大

次期マークXのためにグレードを絞った?

そもそもカムリは、アメリカでは廉価の2.5L直4エンジンもあれば、3.5LのV6エンジンもあります。
ところが日本では、燃費抜群みんなの味方HVシステム搭載車のみ。
これは旧モデルのカムリと全く同じ売り方です。

当初、私は激怒しました。

「おのれトヨタ! 日本人にはV6は売れぬというのか!?」

と怒り狂い、嫁に「V6でなければカムリは買わん!」と宣言したら「貴様がカムリに乗ることはない」と断言されました。くわばらくわばら。

試乗を終えて、自分の考えの正しさを再認識。

「おのれトヨタ! V6なくしてセダン復権など片腹痛し!」

と地団駄を踏み、嫁に「HVなど絶対に買わん!」と宣言したら「貴様が乗るアイシスにはハイブリッドはない」と断言されました。くわばらくわばら。

そんな私ですが、ふとある日、考え方が変わりました。
神の声を聴いたのです。
それは濁ったドス黒い感情の靄の隙間を縫う、慈愛の音でした……。

神「もうっ、V6はマークXに乗るから焦らないのっ!(^_-)-☆」

これはまさに啓示。
これぞまさに天啓。
ありがとう神様。
無神論者だった自分を反省しますので、次は来週のtotoの結果を教えてください。

カムリに、何故V6がないのか。
カムリに、何故廉価ガソリンモデルがないのか。
その答えはたった一つです。

日本ではマークXの名前で出した方が売れるからでしょう!!( ゚Д゚)クワッ

新型カムリから妄想される次期マークX

元々、マークXがカムリに統合されるというのは盛んに噂されていたことですし、合理的な話でもあると思います。
カムリに統合ともなれば、残念ながらFRプラットフォームは廃止。
スポーティーFFセダンとして、生まれ変わることになります。

FR廃止は無念ですが、私のような「後輪が滑ったらオシマイ」な一般人からすると、それはそれで家族と乗るにはありかもしれません。よって許すw

内燃機関には、もちろんV型6気筒エンジンがラインナップされるに違いありません。
2.5L直4が搭載されるかどうかはわかりませんが、もしかすると廉価グレードには、より日本の税制にマッチした2Lターボとか来るかもしれませんね!((((oノ´3`)ノ
HVも当然ラインナップされると思います(敢えて外す理由もない)が、まあまあ…w

エクステリアは勝負のキモですが、全体の美しいラインはそのままに、フロントフェイスに大きく手直しが入る感じでしょうか。
マークXなら、当然「X」のロゴが入らなければウソです。
全体的に叫んでみろ感じてみろ心燃やせ的な感じでスポーティーに仕上がるに違いありません。(X違いw)

そう考えれば、カムリのフロントグリルがアメリカと差があるのも納得。
アメリカのフロントグリルはスポーティーなアミアミ(アスリート系)ですが、日本は横ライン(ロイヤル系)なのです。
そもそも若者狙うデザインとしては失格ですが、若者狙う気がなかった……というかそれはマークXの仕事だというのなら、納得ですがな(*´ω`)y-~~

次期マークXに託された「セダン復権」の夢

今回のカムリでセダン復権なんてのはジョーダンはよし子さんなレベルですが、マークXなら話はわかる。わかり過ぎる(心象的にw)。

FRじゃないのは許すよ。

大きすぎるのは仕方ないよ。

だから新型マークXは、日本のセダン復権への旗頭になって下さいませ!!( ゚Д゚)クワッ

リアルに廉価グレードが2Lの直4ターボ搭載で200万円台まで落とせるのなら、可能性はバリバリあります。
HONDAのシビックと殴り合えるレベルになってくれれば、一気に可能性は吹き上がります。
(セグメント違うけど…北米版は260万ぐらいからあるらしいゾ!!)

想像してみて下さい。

もし今のカムリが、更にクソカッコ良くなったら。

そしてそのクルマに2Lターボとか搭載されたら。

そしてそのお値段が、現実的なラインだったとしたら。

想像してみて下さい。

Xのマークを頂いた洗練されたセダンが、公道に輝く様を。

世界に羽ばたく様を。

うん、リアルにアリだと思う。
FRじゃないのは痛恨の一撃レベルで痛いです。
大き過ぎて重過ぎて死にたいと思うレベルかもしれません。
でも、これが多分、トヨタがマークXにできる精一杯の努力なのではないでしょうか。
マークXというブランドを再び輝かせ、日本にセダンの旗をたなびかせるためにできる、トヨタ唯一の策なのではないでしょうか。

冷静に考えれば、大型化はイヤだと言いつつも、子育てファミリー世代にとっては心強いです。
中が広いのはヨメにもコドモにも好印象に違いありません。

後は渾身のエクステリアで、カマしたって下さいトヨタさん!!(ノ ゚Д゚)ノ

あれ? V6が良かったんじゃないのかって?
うん、私はゲンキンだから買えないものより買えるものが好きなんだ(笑)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大