新型ロータリーの未来はレンジエクステンダーとともに ~冒険のはじまり~

ロータリーエンジン

先日のマツダの「サステイナブル”Zoom-Zoom”宣言 2030」で再度明言されましたが、2019年にはマツダ製のEVがデビューすることは以前よりの確定事項です。

マツダとEVという、およそ似つかわしくない二つのキーワード。
これを結びつけるのは間違いなく、過去の歴史に埋もれつつあったマツダのあの技術です。

本日は、今回の発表では触れられることがなかったマツダのEV時代の切り札、

「ロータリーレンジエクステンダー」

について、少し考察してみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

ロータリー復活はEVとともにある

基本的にEVは好きではない(乗り味的な意味でも世間のもてはやし的な意味でも)私ですが、ロータリーエンジンの復活がEVとともにあるということは、間違いない事実です。

2015年の東京モーターショーではRX-VISIONが発表され、私を含めて盛り上がりまくりましたが(w)、正直言って今のマツダが無計画に新しいエンジンを開発するとは思えない。
せっかくSKYACTIV構想でエンジンの設計をある程度統一化し、V6を廃止したというのに、ここで改めてロータリーエンジンを、ごく少量販売のスポーツモデルのためにつくる価値があるでしょうか?(あると思うんだけどね!!w)

2015年……いや、それ以前の時点から、間違いなくマツダは、

「ロータリーエンジンの別の使い道」

を模索していたはずです。
そしてあの時点では、この「ロータリーレンジエクステンダー」という使い道に、ある程度の目途がついていたはずなのです。
だからこそ、あの時点でスポーツモデルに対する夢を具現化したのでしょう。

この「ロータリーレンジエクステンダー」について具体的に話が出たのは、レスポンスさんのサイト上に掲載された藤原常務のインタビューが初だったと記憶していますが、つまるところ既にマツダは、「ロータリーエンジンを生産ラインに乗せる」目途を立てていたのでしょう。

もちろん、スポーツ用としてロータリーエンジンとレンジエクステンダー用とでは、様々な点で同じエンジンとは言えないでしょう。
ですが、ともかくもロータリーエンジンを生産にこぎつけることができる。
復活への第一歩が、ようやく道筋として示されたのです。

1も2もなく、ロータリーエンジン復活へのカギはこのレンジエクステンダー搭載モデルが握っているのは間違いありません。
恐らくトヨタにも供給されるであろうこのユニット、これを搭載したEVが売れなければ、ロータリーエンジンの未来が再び閉ざされてしまう。
私はEV買う気が全くないので、多くの意識高い系のEV絶賛者に頑張って買ってもらうしかありませんww

トヨタ系EV連合で一斉搭載なるか?

しかし何よりも軽く、お手軽なロータリーレンジエクステンダー。
地上最強の性能を秘めたこの発動機は、トヨタ系EV連合の鋭利な鉾として、世界に拡散される可能性があります。
具体的には、マツダは当然として、トヨタ、スバル、もしかしたらスズキやダイハツ(EVの具体的な話はないけど…)にだって、ロータリーレンジエクステンダーが乗るかもしれない!

トヨタ大帝国の力、おそるべし!!Σ( ゚Д゚)

そうなれば、生産台数は飛躍的に増え、ガッポガッポとロータリーの生産ノウハウはたまり、ロータリーに対する研究資金も補てんされて、16X的なスポーツモデルの開発にもつながるという……バラ色の日々が想像されてしまいますな……妄想を避けられない……(*´ω`*)
むしろ頑張れトヨタな感もありますww

何にしても、ロータリーレンジエクステンダーというのは、マツダの未来にとってかなりの「コア技術」であるので、有意義に効率的に使う必要がありそうです。
同規模のスバルと比べて、マツダが決定的に優位なのがこの「ロータリー」の有無。
技術者たちの想いが結集したマニアな一品が、未来のキーデバイスとなるというのは、何というか非常に叙述的ですね……(*´ω`*)

“r-Power”とか出したら売れない?w

某N社のN車さんのお話をそっくりそのままパクって、

デミオ ”r-Power” 新しいハイブリッドです…

と売り出したらどうかなぁとww

まあぶっちゃけそこまでするならPHVでいいだろうという気もする(ノートについても非常に思う)わけですが、あそこまでノートが売れるなら、マツダだった同じやり方したらそこそこ売れそうです。
リアルに困ってる販売店もいそうなので、量産グレードとして一つそういうシリーズ式HV的なのを出してみたら面白いのにな~。

あ、でも車体的にデミオベースではないですね(*´ω`*)

EV派生のHVとかやるなら、新開発しているEVがベースになるはずです。
つーことはもうベリーサでいいんじゃないとか思ったりもしますが(?)、シリーズ式HVまたはPHVでガツンと一発行ってみたら、ピュアEVだというより市場には受け入れられそうな気がしますね。
ていうか、私もピュアEVだと全く買う気がしませんが、PHVなら検討致しますww
(EVでもレンジエクステンダーあるからアリかもしれない…)

その一方で、ロードマップにあるPHVがシリーズ方式なら大きく幻滅しちゃいそうですがw
マツダはパラレル式やろ!!( ゚Д゚)クワッ

全然関係ないですが、そういえば最近インサイト復活のニュースが流れてて、また強烈にHONDAさんdisり魂に火がついてきましたw
やり方によっては有効だとも思うのですが、とりあえずまた近いうちに記事書きますw

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大