S2000がアキュラブランドになるという記事に超絶納得したお話

今月のカートップさんに、S2000の特集が出てました。

普段はあまり気に留めることのない(失礼、汗)カートップの特集なのですが、今回のS2000の情報はなかなかに納得。
FRレイアウトではなくミッドシップになるだろうというお話なのですが、それ以上に

「アキュラブランドで売れれて価格は700万ぐらいか?」

というあたりが超絶納得でした。

スポンサーリンク
レクタングル大

スーパースポーツなら話はわかる

正直、HONDAが300万から400万ぐらいのミドルクラススポーツ作って、どうやって開発費改修するのか非常にフシギでした。

つい最近、そういうエントリー書いたばかりです(^^;

東京モーターショーにS1000もS2000もないようですが、実際HONDAどうなの?

300万の価格帯でのスポーツカーと言えば、86&BRZ兄弟とマツダロードスターあたりがガチライバル勢になってきます。
例えS2000が魅力的なミッドシップスポーツだったとしても、オープンエアが気軽に楽しめる面白そうな一台だったとしても、それが86やロードスターを超えるほどに売れるイメージが全く思い浮かびません。
ましてや、86&BRZはトヨタ&スバルの合体作、ロードスターに至ってはフィアットに兄弟を売っていただいているという、両スポーツモデルともに、開発費の下を取るための工夫は完璧でした。

そんな中でS2000がHONDAのソロプロジェクトで出て、採算が取れるのか?
私の疑問はそのあたりを常にうろついてました。

が、しかし。

アキュラブランドで、高級スポーツとして展開されるなら話はわかります。
むしろ86やロードスターではなく、レクサスRCあたりと競合する一台だというのなら、HONDAがわざわざS2000なんてものを作る理由も何となく理解できる。
高級スポーツが採算取れる事情は世界が違い過ぎてよく知らないけどねw

S1000が欲しかったのは事実ですが…

ただ、そうであるとすれば、やはりHONDAの高級車がつけるアキュラの御旗。
御値札は相当な金額が記載されるのは事実でしょう。
カートップの語る「700万」というのは、決して大げさな数字ではありません。

そもそも、搭載エンジンはシビックタイプRの2Lターボではないかという予想です。
MRにオープンボディとくれば、シビックタイプRの値札は当然あっさりと超えるでしょう。
シビックタイプRが450万なので、まあ500万は軽いでしょうな……(*´ω`*)

んで、そうなってくると我々庶民には到底縁のないおクルマになってしまいます。。。
少なくとも、ご家族のセカンドカーには不可能なレベルに到達ww
如何にHONDAが頑張って値札をつけてくれたとしても、ファミリー層とは無縁の二人乗りですね(*´ω`*)

正直、S1000が欲しかった。。。

ただしまあ、S1000が1,000ccのエンジンだとは言え、それはターボエンジン搭載車でロードスターと変わらないような値付けになるだろうことは想像に難くないので、それならロードスター買うかもしれませんよねw
マガジンXがばっさりと否定してしまったので、多分S1000は本当にないのでしょう。

それにしても、Kindle版のマガジンXの10月号が未だストアに見られず。
生殺し状態が続いておりますorz

最近ヨメがママレードボーイを夜な夜な見ているので、スーパー睡眠不足です。
眠たいから寝たい、だけど気になる昨日よりもずっと。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大