CX-8の価格帯がスクープされたので、最廉価グレードの現実性を探ってみる

ニューモデルマガジンXの最新号で、CX-8のグレード構成がスクープされておりました。
まあグレードを総覧してオススメはコレぢゃあとか言うのは発表後(9月14日と言われている)にするとして、ここはひとつ、吾輩にとって非常に現実的なお話である、

最廉価グレード

について、じっくりと探っていこうではアリマセンカ…(*‘∀‘)

スポンサーリンク
レクタングル大

CX-8の最廉価グレード「XD」

さて、上述のこのマガジンXによれば、この最廉価グレード「XD」のお値段は、

319万円!!

これを高いと取るか、安いと取るかは人によると思いますが……

高いわ!!Σ( ゚Д゚)

いやまー、何とか庶民でも手が出ないことはない価格帯に落ち着いてくれたと思うのですが……しかし……。
嫁サマにお話したら、「高い!( ゚Д゚)クワッ」で速攻却下されました……(*´ω`*)
25Gが欲しかったよorz

CX-5のXDが280万なので、だいたいプラス30万の価格差。
まあ妥当かなぁと思わぬでもありませんが、家庭内稟議を通すのはかなり難しいなぁ……。

私の中で、クルマというのは20万/年を基準に計算します。
例えば今の愛車であるRX-8はだいたい60万で買ったので、最低3年乗れば元を取ったと考えるのがワタシ流です。(できれば10年ぐらい乗りたいけどw)

CX-8が319万というのなら、多分色々コミコミで総額360万ぐらいにはなるでしょう。
ということは、だいたい18年乗る計算になります。
新車の感覚がないのでアレですが、多分乗れる数字なんだと思うのです。
思うのですが、これは私の中ですごい天文学的な数字です……。

同じクルマに18年乗る……完全に子育て終わるまでCX-8と一緒……。
CX-8と18年連れそう家族になる……。
これはこれで、何だか夢のような愛車歴になりそうです……(*‘∀‘)

まあ、既に嫁サマからは稟議却下されてますけどね!!w

装備から考える最廉価グレード

マガジンXには各グレード別の装備も記載されていました。

最廉価グレードのXDと上位であるXDプロアクティブの主な差で言えば、

  • 17インチ⇒19インチ
  • 前車追従式クルーズコントロール
  • アダプティブLED、レーンキープアシスト等上位安全技術
  • ドアミラーヒーター
  • 前席シートヒーター
  • アドバンスドキーレスエントリー
  • 等々

といった具合で色々ありそうですが、ポイントとしては「自動ブレーキそのものはXDでも装備済み」という点でしょうか。
当然ながら、新世代マツダ車は「全車予防安全機能フル装備」です。
ということは、衝突防止の自動ブレーキは当然として、BSM(側方、後方のレーダーによる監視)までバッチリついているんですよね!!
安全装備的にはもうバッチリと考えてよいと思います。

となると、プロアクティブの特徴としては、前車追従型のクルーズコントロールでしょうか。
しかし最廉価のXDにも、従来の定速型クルーズコントロールはきちんとついているのですよね、これがあれば別に良い気もする…(*´ω`*)

地味にキーレスがないのは不便そうですが、「レーダー式クルコンやアドバンスドキーレスエントリーなどが8万5千円で用意される」というオプションがあるそうで、これは美味しい?
いやでもさらに8万もオプションつけると稟議通らないよなぁムム……(*´ω`*)

お金があるならシートヒーターとかを導入しても良い気がするんですがねぇ(^^;

発表日は9月14日だそうで

何にしても発表日は9月14日だそうなので、楽しみに待ちたいと思います。
これはマツダのディーラーさんも「9/14あたりから情報が入ってくると思いますよ~」と言ってたので、間違いのないところでしょうか。

楽しみ!!( ゚Д゚)ノ

でも買えない!?( ゚Д゚)ノ

まあ当初の計画通り、アイシスで当座を凌ぎつつお金をため、SKY-Xまたは第二世代ディーゼルを待つというのが我が戦略となりそうでござる(*´ω`*)
ただ、何だかんだ言いつつ、実車を見て衝撃的にカッコ良かった場合(←ビジュアルが最重要w)、もう衝動的に買ってしまう恐れがありますけどねww

ヘソクリ投入じゃあ!!Σ( ゚Д゚)

……って、全くもって足りませんがww

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大