【東京モーターショー2017】スズキとダイハツの2台のEVはあくまでコンセプトカーか、それとも…

さて、引き続きまして東京モーターショー2017でございます。

マツダが出展車種を正式に公開いたしまして、だいたい出そろった次第。
トヨタに関しては公開をもったいぶってる車種がまだまだございまして、今日ネットを見てみると「トヨタ2000GTが復活する可能性がっ!?」「新型スープラも…」的なニュースがブラブラしていて失笑してしまうわけでございますが、それはともかく(笑)

ワタクシ的には、スズキとダイハツが出してきた2台のEVにかなり注目致しております(*’ω’*)

スポンサーリンク
レクタングル大

EV出すなら小型モビリティだと何度も言う

ワタクシ的に、テスラモデル3やリーフが欲しいとは一切思いません。
何故かと言えば全然便利さを感じないからで、EVなんてのはお金持ちの道楽品だと思っております。
自分の生活レベルを下げてまで、本当にエコかどうかわからないEVに敢えて乗りたいなんて人は、正直それほど多くないと思っております。(ちなみにモデルSがいらないとは一言も言ってませんw)

が、しかし。

軽自動車がEV化されるというのなら、話は別です。

小型車をEV化することの最大のメリットは、

「ガソリン車を凌ぐ優れた運動性能」

にこそあると思います。
ごく一般的な軽自動車を指して「運転が楽しいクルマだ」「Fun To Driveだ!」とはお世辞にも言えないわけでございますが、それは仕方がないことです。
だって、オカネかけれないから。
そして効率性が重要な車種なのだから。
660ccというイミフな規制の是非は置いておくにしても、効率性とコスパをひたすら追求していく一般的な小型車は、運動性能にベクトルがふれることはなかなかない。

そんな軽自動車がEVになれば、どうなるか。
ノートのe-Powerに乗られた方はわかると思いますが、クイクイ走るEVのモーター加速は、「一般的な量産ガソリンエンジン車」に勝ると思っています。(大型車や、デミオXDとかスイスポみたいなのだと別の話)
今まで「走ってタイクツ」の象徴だった軽がEV化すれば、モーター特有の俊敏な加速が味わえる、理想的な移動モビリティになるに違いありません!

もちろん、現時点ではバッテリーのコストが高く、価格的な競争力に劣る可能性は否めません。
ただ、軽自動車というのは最近色々飛躍し過ぎてますが、もともとは近距離移動を前提にした小型モビリティだったはず。
遠方に旅行に行くのではなく、タウンユースすることを前提とした車であると考えれば、そもそも航続距離なんて実測で100kmあれば余裕で事足ります。

いいじゃん、軽自動車EV!!( ゚Д゚)ノ

というのが、ワタクシの青中年のアツイ主張なわけでございますが、何と、

遂にダイハツとスズキがEVを出してきました!

のが今回の東京モーターショー2017なわけでございますねエエ(*‘∀‘)

ダイハツのDN PRO-CARGOは面白そう!

DNPROCARGO
出展元:ダイハツWebサイト

来ました、ダイハツさんのDN PRO CARGO!!

2人乗りのEVで、マルチユースバンとの触れ込み。
かつてのミゼットのような存在を目指すとのことでして、ぶっちゃけてかなり面白そう。
こういうの待ってたんですよねダイハツさん♪

ただ、正直言えば、

「何故商用車にしたし?(*’ω’*)」

と思ってしまうのは事実かもしれませんw
商用車ってEVだと航続距離足りなくない??
まあそれほどシェアが取れるモデルではない(そんなにEV流行らない)前提と考えれば、「それほど1日の距離が伸びない」使い方をする人に限定して売ってみるというのは、アリなのかもしれません…。

ただ(×2)、正直言えば、

ダイハツは一昨年のコンセプトカーがイミフな話題作り専用車だったので、今年もそうでは?

という想いは強くある。
乗り降りで明日を明るくする計画は、身を結んだのでしょうか?w

これが単なるコンセプトカーなら終わりだと思うんだけど、まあダイハツとしてはトヨタマツダEV連合にもいち早く手を上げていたし(スズキとの対立要素もありそうだけど)、プラットフォームはそこからもらってくるにしても、EV実用化の方向性を探っているのは間違いないと思ってるんですが、どうでしょうね?
乗り降りよりは、明日が明るくなる気がしますw

スズキのe-SURVIVORには不安が…

e-survivor
出展元:スズキWebサイト

こちらは一転してSUVモデルのEVを発表したスズキ。
まあ公式ページには100%のEVだとは一言も書いてませんが、「電動化のもたらす新たな4WD」というフレーズからしてきっとEVでしょう(笑)

ラダーフレームというのはなるほど、ジムニーでも使われているSUVというかRVというか「ザ・四駆」なイメージをがっつり引き連れてくれているわけなのですが、しかし。。。

SUVってEV化する意味ある?(*’ω’*)

と、ワタクシ的に思ってしまいますww
そもそも航続距離に制限があるEVに、悪路走破性のあるラダーフレーム構造SUV、つまりガチでオフロードに出かける仕様のSUVというのは、非常に相性が悪いのではないかと疑う次第…。
むしろラダーフレームではない、「都会のオシャレカー」としては需要があるかもしれませんが、しかし……ねぇ?(*´ω`*)

幌付きのオープン2シーターとなるなら非常に新しい提案だと思いますが、そもそもこのデザインに屋根つけるイメージが全く浮かびませんし、とりあえず「うちもEVのことは考えてますよ」アピールモデルでしょうか。
それはそれでよいと思うのですが、ワタクシは勝手に、日本市場にあわせた最適なEVを提案できるのはスズキだと信じているのです。

軽自動車に引導を渡すのは、軽自動車の第一人者であるスズキだと信じているのです。
なので、もう少し市場投入前提のモデルが見たいなぁというのが、勝手な本音でございました。
バイク開発もしてるから、レンジエクステンダー用の小型エンジンも調達しやすいと勝手に思ってたんだけどなぁ……(*´ω`*)

軽自動車EVはまだ遠いか…?

今回、スズキとダイハツの両コンセプトカーを見るにつけ、

「まだまだ開発に本腰を入れていてなさげだな~(*´ω`*)」

というのが私の感想でした。
市販車を前提にしたコンセプトカーは、まだまだ遠そうです。

いつぞやB誌がレポートしていた、NISSAN製の軽自動車EV。
これがもし本当に開発計画に乗っているなら、一番早いのはやはりここかもしれません。
そもそも三菱にはiMievという軽EV第一号の実績もあります。
NISSAN・三菱連合が切り開いてくれる……というのが、結構現実解な気もしますね。

EVの時代が10年で来るとは全く思えませんが、EVという一つの市場が生まれていくことは確かだと思います。
現時点でガソリン車には及びませんが、そもそも政府主導で開発が進む地域も多そうで、特にスズキの場合は御膝元のインドで必要になりそうな技術。
そして何より、軽自動車大国である日本という国は、結構EVと親和性が高いと感じているのですが……(´・ω・`)

トヨタマツダデンソーのEV連合への参画を含め、今後両社がどのような動きを見せてくれるのか、要注目です。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大