【東京モーターショー2017】マツダはコンセプトカー2台出し! 次期アクセラ&アテンザか!?

遂にマツダが東京モーターショー2017の出展概要を発表しました。

それにしても、国産メーカーの中では出展概要の発表はオオトリ。
マツダの焦らし戦法に、毎日ドキドキ中年ハートを揺らしながら速報を待ち続けましたよぉw
しかし、その内容は期待に違わぬものだったというべきでしょう。

何でも

「次世代デザインビジョンモデル」

「次世代商品コンセプトモデル」

という二台のコンセプトカーを出展してくれるとのこと!
これは全国のちょうちん持ちの皆さん狂喜乱舞ですよね! 私もです! 今年は行くぞ!!

……あれ、ロータリースポーツは?(´・ω・`)

スポンサーリンク
レクタングル大

次世代デザインビジョンモデルは次期アテンザ?

2017東京モーターショーマツダデザインコンセプト
出展元:マツダWebサイト

一瞬ロータリースポーツかと思いましたが、見た感じ4ドアっぽい。
造形的にも間違いなくセダンなので、全体のデザインを考えれば、

次期アテンザ

を示唆する、いわゆるシナリ的なクルマなんだろうなぁというのが妥当な見解でしょうか。

「面」の構成で魅せるのが次世代デザインの骨子だとどこかで聞きましたが、なるほど。
マシングレーっぽいボディーが、光をうまく反照して艶やかに輝いています。
実車見たらめちゃくちゃキラキラしてて格好イイパターンか?

次世代商品コンセプトモデルは次期アクセラ?

2017東京モーターショーマツダ次世代商品コンセプト
出展元:マツダWebサイト

そしてこの「次世代商品コンセプトモデル」とやら。

公式サイトの表現を見るに、

世界初公開となる次世代商品コンセプトモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデルです。

とのことなので、明らかに次期アクセラっぽいですな…(*´ω`*)
フォルム的にもアクセラだし…。

このモデルにどうやら、SKY-XをはじめとするGenⅡの技術を惜しみなく搭載することになる模様。
つまり、SKY-Xを初搭載して2019年に発売される一台というのは、間違いなく

次期アクセラ

であるということになりますネ、エエ(*´ω`*)

また、次世代デザインを融合、とのことから、デザイン的にもGenⅡなのでしょう。
要するにGenⅡで目指すデザインの理想を「次世代デザインコンセプト」で、現実解を「次世代商品コンセプト」で同時発表するということになりそうですね。

次期アクセラは次期アテンザより先なの?

「んなわけねぇだろ(*‘∀‘)」とセルフツッコミを入れたくなる気持ちを抑えながらも、

何故アクセラのコンセプトがアテンザより先に発表なのか?

という点について邪推しないわけには参りません。
もしかして次期モデルはアクセラの方が先に出るの??(´・ω・`)

いやまあ、「次期デザインビジョンモデル」とやらが次期アテンザだと解釈するなら、別にコンセプトカーの発表タイミングは同時ぢゃろ、と考えることもできます。
しかし先に発売されるであろうアテンザに対して、アクセラの方がコンセプトカーの完成度が高い(商品ベース、的な位置にいるという意味で)わけでして、なんだか「おりょりょ?(´・ω・`)」感はぬぐえません。

思いっきり予想してみますと、

・次期アテンザ⇒デザインのみGenⅡ

・次期アクセラ⇒SKY-XをはじめとするGenⅡの技術をフル搭載

という違いがあるので、とりあえず次期アテンザ的にはGenⅡのデザインコンセプトを魅せておけば問題ナッシングという考え方は、一応成立します。
一括規格のマツダが、デザインだけGenⅡに寄せるというが商品生産上可能なのかどうかはさておき、一応脳内妄想の世界では、こう考えておけばアテンザよりアクセラのコンセプトモデルの方が「しっかりしてる」理由は成立しますかね。
なんだか違和感は拭えませんが…(*´ω`*)A;;

はいはいロータリースポーツはなしね

ちなみにワタクシ、以前

東京モーターショー2017のマツダに注目! ロータリースポーツ出品は確定か!?

なんて思いっきりフェイクニュースをブチかましました。
しかしながら、スイマセン……全然確定ではゴザイマセンでした(汗)
二重で「確定」なんてニュースが上がってきたので、本当かなぁと思ってたのですが……(´・ω・`)

これについては、マガジンX誌さんが度々、

「今のマツダにそんなことやってる余裕はないと思う」

的な話をしてた気がします。(証拠があるわけではなく、考察という話し方でしたが)
確かにごもっともな話でして、トヨタグループではEV開発のリーダー格になって、主力フル投入を余儀なくされるであろうマツダですから、RX-VISIONにそれほどのコストをかけることはできないでしょう。
残念ですけど、仕方がないでゴザルな……(´・ω・`)

まあスーパースポーツはどうせ買えないので、まあいっか……(汗)

というわけで、俄然盛り上がって参りました東京モーターショー2017!

今年の注目は今のところマツダとトヨタだと思っているのですが、果たして…?
遠く岡山から参戦予定です!!( ゚Д゚)ノ

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. Pow より:

    こんにちは。

    いやいや、次期アテンザと予想の写真はREレンジエクステンダー搭載の
    次期RX-8かも知れませんぜ、だんな!
    って、んなわけね-かw

    しかし、コスモスポーツ50周年(でしたっけ?)の年にREがまったく無いとは…寂しいですなぁ。

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      次期RX-8だったらアツいですが、REレンジエクステンダーはなんか微妙だなぁと思いますww
      セダンタイプにやるならPHVがいいなぁと思うのですが、まあ2021年なのでまだまだ先っぽいですね……(´・ω・`)
      仰る通り、RE50周年にREなしは寂しいです。
      そしてマツダ100周年あたりに発売されるという記念日プランも、暗礁に乗り上げてしまいましたなぁ……(*´ω`*)

  2. Pow より:

    こんにちは。

    なーんかやはり、SKYACTIV-Rの進捗状況が思わしくないのでしょうかね?
    サプライズ用と言っても少しは状況が漏れ聞こえてきたり
    MAZDAから発表があってもいいと思うのですが
    SKYACTIV-Rと名づけた以降は一つも具体的な情報が出ていませんしね。
    HCCIロータリーはおろかSKYACTIV-Rでの復活も夢のまた夢のようですね(>_<)

    • セトシン より:

      Powさん、コメントありがとうございます♪

      TOYOTAとの提携の話も然り、結構風雲急を告げる業界のご時世なので、マツダ的にも余力がないのかもしれませんね。
      さしあたってREレンジエクステンダーが量産されれば、そこから……ではないでしょうか。
      レンジエクステンダー用なら、まさか手組でもないでしょうし、量産性は高そうですから、市販車への展開も融通が利きそうです。
      なのでまずは、トヨタに「Conncept-愛i」を売ってもらわなければ!!w