新型アテンザにはやはりガソリンターボ搭載! でも2.5TはMTなしですか?

MAZDA62018
出展元:北米マツダホームページより

遂にリリースがありました新型アテンザ!

……といっても、北米のMAZDA6の話で、日本でのお話ではないですけど(^^;
それでも今朝方、公式な発表が動画中継された模様です。

今は見えないけどね!!w

スポンサーリンク
レクタングル大

SKYACTIV-G2.5Tと気筒休止システム等々…

どうやら既報の通り、CX-9に搭載されていたガソリンターボエンジンである

SKYACTIV-G 2.5T

を無事搭載するというお話。
そのスペックは、

・310フィード重量ポンド(420Nm)の最大トルク

・250馬力

楽しそうなスペックですねぇ……w
まあ2.5Lターボなら300psぐらいふつうだろうとか思うドッカンターボ世代的には…ゲフンゴフン( ゚Д゚)。

それでもって、NAの2.5Gには気筒休止技術を採用してくるそうです。
必要でないときは2気筒になるらしい。フムフム(´・ω・`)

そのほかにも、インパネはかなり変わってます。
一番わかりやすい公式リリースは、日本はまだ出てないっぽいですが、北米版のサイトから見れます。
もちろん英語ですが、インパネの変わり具合は伝わるかな?(´・ω・`)

https://insidemazda.mazdausa.com/press-release/re-engineered-refined-mazda6/

リアルにフルモデルチェンジな様相ですねぇ……。

あれ? もしかしてターボにMTなし?

が、しかし。
公式には気になる書かれ方が……。

Finally, as a champion of the manual transmission, Mazda6 will continue to offer the SKYACTIV-MT, paired with the SKYACTIV-G 2.5 engine.

(Google翻訳)最後に、マニュアルトランスミッションのチャンピオンとして、Mazda6は引き続きSKYACTIV-G 2.5エンジンと組み合わせたSKYACTIV-MTを提供します。

ということは、2.5Tの方にはMT設定がつかない……?|д゚)
あえて「2.5エンジン」と言い切ってるあたりさ??

だって、2.5Gにも2.5TにもMTがあるなら、「全グレードに」って書けばいいよね?
こうやって断言するってことは、やっぱりターボにはMTなしってこと??

……ォゥ?(*´ω`*)

360度モニターとかどーでもいいけど、重要なのはそっちでしょ?w
お~い?( ゚Д゚)ノ

もしかして2.5Tって、最初から「そういうエンジンじゃないのよコレ」というお話?
エコエンジンだからまあMTとかやめてねって、そういう話?
或いは2.5Tは高級エンジンなので、富裕層が購入すると考えて、MTなんてつけても仕方ないヨネゴルァという、そういう考え方?

……ォゥ?(*´ω`*)

考えられる可能性は3つある。

可能性1.Google翻訳のバグ

可能性2.マツダ公式ライターの書き方がクソ

可能性3.事実としてMTがない

さあどれだ!?

「……3かなぁ(*´ω`*)ノ」

「アディオス・アミーゴォォォゥ!!Σ( ゚Д゚)」

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大