新型N-BOXがあるのに、敢えてタントやスペーシアを選ぶ理由ってある?

N-BOX2017
出展元:HONDA公式サイト

以前からHONDAのことをよくdisるブログとして有名(?)な当サイトですが、今回は珍しくHONDAヨイショをしようと思います(爆)

お題はこのN-BOX。
いやはやはっきり言って、

「軽自動車としてこれ以上ない一台ですけどスズキとダイハツ大丈夫?」

という記事ですねエエ(*´ω`*)y-~~
一言で要約すると、「HONDAマンセー」というお話でゴザイマスw

スポンサーリンク
レクタングル大

既に国民車、タントと新型スペーシアを寄せ付けず

ぶっちゃけ、競争熾烈な軽自動車ハイトール型ワゴン戦争において、ライバルであるタントとスペーシアを明らかにぶっちぎっているHONDAのN-BOX。

その販売台数はかつてのクラス王者だったタントに2倍近い差をつける独り勝ち。
現行タントが2013年モデルで、恐らくフルモデルチェンジ前であることを考慮に入れる必要はありますが、その差は圧倒的であると言えます。

スペーシアに至っては、ようやくフルモデルチェンジを成し遂げたにも関わらず、1月の販売台数速報ではやはり2倍の差をつけられてN-BOXはおろかタントにすら惨敗。
スズキ念願の軽トールワゴン戦争への殴り込みは、暗澹たる幕開けとなった模様です。

何故、N-BOXはここまで売れるのか?

正直、その理由は私にはあまり理解できていません(笑)

何故なら、自分は軽自動車買うならアルトで十分な人。
「N-BOX買う金あるならコペン買うぜゴルァ!( ゚Д゚)ノ」と世界の全然中心じゃない某●山県で叫んでいる中年に過ぎないので、N-BOXを買う層のニーズは理解できない人なのサww

しかし、これだけははっきりと言えると思います。

軽自動車市場において、しばらくHONDAの独壇場は続くでしょう。

自動ブレーキの圧倒的性能に他社は追従できず…

はっきりと思うのが、HONDAのモノづくりは少し変わってきているという点です。
その象徴ともいうべきなのが、N-BOXに搭載された自動ブレーキでしょう。

HONDA車はそれ以前の自動ブレーキ性能が決して良くなかったのですが、N-BOXで急に性能が上がりました。
JNCAP予防安全試験の結果では、軽自動車では明らかにダントツ。
トヨタのセーフティーセンスで言えば完全に「P」、つまりプリウス以上の車格にのみ搭載される上位版自動ブレーキとほぼ同等の性能を持ってます。
結構JNCAP試験用に調整したんだろうなぁとは邪推しますが(w)、我々ユーザが自動ブレーキの性能を推しはかれるのはJNCAP予防安全試験しかないので、その結果は素直に受け入れるべきでしょうね。

まあN-BOXの自動ブレーキの圧倒的性能を見ると、タントやスペーシアを買う気が吹き飛ぶと思いますね。

具体的にどのくらいかというと、対歩行者用自動ブレーキ性能で比較して、

・N-BOXの自動ブレーキは50kmでも停止に成功する

・他の軽自動車の自動ブレーキは50km⇒40kmに減速するだけ

という圧倒的な性能差が存在します。(あくまで試験結果、過信は厳禁!)
詳しくはコチラの記事を読んで下さいね♪

【2018年対応】安くて乗りやすい自動ブレーキ搭載車は!? おすすめ車種まとめ!

しかもN-BOXは、この装備が全車標準装備。
もちろん、その分きちんと本体価格は値上げされてる(w)んですが、このHONDAの企業姿勢はスゴイと思いますね。
ぶっちゃけ、5年前のHONDAだったら絶対にこんなことしなかったと思うので、八郷社長になってからユーザに良いモノを提供しようという姿勢が浸透していってることを実感しますね、ホント(*´ω`*)

そして同時に、この自動ブレーキ性能に他車が追従できる気配が見えないのがポイント。

ダイハツはようやくスマアシⅢを出したばかり。
ようやくタントとミラに搭載したばかりなのですが、これがN-BOXのレベルと比べると「箸にも棒にもかからない」「ないよりマシ」(対歩行者においては)程度の性能なので、HONDAの背中は結構遠いのです。(相対的にね!)
タントはもうじきフルモデルチェンジされるでしょうが、自動ブレーキ性能でN-BOXに追いつく姿は、ちょっと予想しづらいですな。。。
ま、偉大なるトヨタ大先生がどうにかすれば別ですがw

そしてワタクシが猛烈にdisっておりますスズキに至っては、「最近の車種で自動ブレーキの性能をレベルダウンさせた」という、信じられない状況!( ゚Д゚)
「人の安全にかかわる根本的な機能のパフォーマンスを、明らかに落とす」というのは企業姿勢としてちょっと信じられません。調達コストの問題とかはあるにしても。
アイサイトと同じステレオカメラ方式を搭載した旧スペーシアは、N-BOXとほぼ同等と言っていい自動ブレーキ性能を誇っていたのに、今はダイハツと同程度までレベルダウンしてしまいました……。
完全に、「スズキ大丈夫か?」のレベルですね……。

それにしてもこのN-BOX、自動ブレーキ標準装備ってことは、前車追従式クルコンまでついてくるんですよねw
さすがに渋滞支援機能(トラフィックジャムアシスト)まではついてないみたいですが、軽自動車でこの機能が標準装備ってふつーにスゴイなww
衝突時の安全性能も軽自動車最高(ていうか唯一)の五つ星ですしね^^

というわけで、表題の通り、

「敢えてN-BOX以外の軽自動車を選ぶ理由が見つからない」

というのが、ワタクシの本音でゴザイマス。
アルトクラスなら差別化できそうですが、特にハイト型は独壇場かなぁ…(*´ω`*)y-~

もちろん、乗ってみた感じとか色々切磋琢磨はあるんでしょうが、軽自動車の神髄である「人を中速以下で運ぶ」点に特化すれば、これほど優れたノリモノはないかと思いますね。
旧モデルから持っていた様々な美点に、今回のモデルチェンジで「ぶつからない」し「ぶつかっても安全性が高い」が明示されましたので。

クルマ好きが積極的に選ぶクルマではないとは思いますが、クルマに興味がない人に薦める一台としては、この上ない存在になりつつあります。
まさにプリウスの次の「国民車」と言っても過言ではないでしょう!( ゚Д゚)ノ

であればこそ、日本仕様の軽自動車規格なんてムダは捨てて……(略)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. ビール猫 より:

    Nボックスは先代から首位独走ですよね。
    あっぱれです。

    にしても、スズキはどうしたんでしょうね。

    以前は安全面でも頑張っていたのに。

    とりあえず、新型ジムニーに期待でしょうか。
    無理かな?

    • セトシン より:

      ビール猫さん、コメントありがとうございます♪

      先代N-BOXはHONDAの苦戦を支えた奇跡の一台的な感じでしたね。
      オデッセイに次ぐ救世主って感じでしょうか。
      今回のモデルチェンジで、すごく充実した一台を出してきただけに、今後のNシリーズにも期待を抱いてしまいます♪

      ジムニーは楽しみですけど、「スズキさん大丈夫!?」という不安も同時に抱いておりますw
      信じて待つしかないですね!( ゚Д゚)

  2. 夢も希望もない話ですが、日本人の平均年収に見合った車と言うとこの価格帯になってしまうのでしょうね・・・
    私は軽自動車にスライドドアなど必要ないと思っているのでスーパーハイト系の軽自動車には興味がないですが(^^;)
    自転車でも積むのならともかく、ハイト系以上の頭上空間って走行中に必要なの?って思ってしまいます(笑)

    一方で、スズキの姿勢は本当に感心しませんね。オサム会長いわく、いくら軽が”貧乏人のための車”だとしても、貧乏人は安全じゃなくてもいいという論法にはなりませんからね。若干高くなっても良いので安全装備は標準にしてもらいたいものです。

    その点ではマツダは安全性に力入れていますね(^^)

    • セトシン より:

      ベリバレオヤジさん、コメントありがとうございます♪

      自分もこのカテゴリの軽自動車には全く興味がゴザイマセン……( ゚Д゚)
      先日おかんにN-BOXを薦めたところ「ダサいからイヤだ、キャストにする」と言われてしまいましたw
      HONDAには、さっさとこの自動ブレーキを搭載したN-ONEを出してもらいたいところです^^
      全力でプッシュしますww

      多分調達コストの関係とかは色々あったんだと思います。(大量生産とかの問題で、ステレオカメラ方式がコスト面で劣勢だとは聞いたことがあります)
      あったんですが、「そりゃねえよスズキさん…(´・ω・`)」と思ってしまうのは仕方がないですよね…。。。
      昨今の高齢者運転事故の頻発を見ると、マツダやHONDAの答えが最適解というか、社会的な必要条件だとわからないはずはないと思うんですが……なんだか商売原理主義過ぎやしないかと思ってしまいますね……( ゚Д゚)

  3. 度重なるマスメディアのスズキバッシングで闇落ちしたスズキファン。 より:

    元々スズキファンで進めたスズキ車の購入報告を貰う程スズキが好きでしたがこのサイトのおかげで忌々しい鈴菌も吹っ切れました、本当にありがとう、考えてみれば今僕らの生きている時代は自動運転も目前の近未来と同じ。

    そんな時に時代錯誤のジムニーやらアルトワークスみたいな産廃ゴミを量産してどうするんじゃ、といった印象。

    燃費も悪いし金も食う、スマートでIoTの未来が見える中で、スズキの存在が足を引っ張る。

    自動ブレーキに至っては日立共同開発のデュアルカメラからトヨタと三菱が使うコンチネンタルの物にグレートダウンされてる(爆笑)ホンダのセンシングに根こそぎ持っていかれちゃったんですよねぇ。

    正直、スズキを応援してきたこれまでの人生って何だったのだろうという感じです、自分がバカみたい(深い悲しみ)。

    勘違いしないでね、これでもアンチじゃなくてファンですから車歴だってバイクも含めてほぼSUZUKIです。

    • 度重なるマスメディアのスズキバッシングで闇落ちしたスズキファン。 より:

      進めた❌
      勧めた⭕

      • セトシン より:

        度重なるマスメディアのスズキバッシングで闇落ちしたスズキファンさん、コメントありがとうございます♪
        闇に堕ちすぎww

        自分は元々、軽自動車買うならスズキという人間だったのですが、昨今の自動ブレーキ性能の劣化が信じられず、ややスズキ不信です(汗)
        スペーシアについてはまだテスト結果が出てないので何とも言えないのですが、昨今の傾向からしてあんまり大丈夫じゃなさそうです…(´・ω・`)
        JNCAPの点数が全てではないのでしょうが、JNCAPしか評価基準がない我々ユーザとしては、そこでこれだけ点数を下げられるとツライ……。。。

        ジムニーやアルトワークスは非常に良い個性的なクルマだと思うし、量産ゴミなんかじゃ決してないと思います(アルトワークスは自分もガチで欲しい)が、今までのスズキならむしろ、こう「何で海外メーカーはそんな変なEVつくってんの? こうやって使うんだってw」みたいな運用の最適解を提示してくれたんじゃないかなぁとか、勝手に妄想したりはします(^^;
        まあ実運用を考えてくれるからこそ、EVなんてガラクタ(今は)には手を出さないのでしょうけど……。