「カーシェアが普及してクルマが売れなくなる」が理解できない件について

ソボクナギモン

意識低い系として鳴らしております管理人でございます。
意識低いので仕方ないわけではありますが、意識高い系の人たちが言うことは、結構イミフで理解に苦しむことがたまにございます。
NewsPicksとか見てると顕著なのですが、「時代はEVだ!」的な意見とかを真顔で言われると、もう口をあんぐり開けて「…イミフすぎる( ゚Д゚)」と思ってしまうわけでございますね。

そして、最近もっともイミフメイな意見がこちらでござる。

「カーシェアの普及率はスゴイ。マイカー需要は激減してクルマが売れなくなる」

本日はこれについて、ちょっと真剣に考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

マイカーを使うユーザ目線で考える

カーシェアリングというサービスが今後普及することには同意致しますが、「イコール車が売れなくなる」という意見はいまいちピンときていません。
マイカー需要に影響が全くないことはないでしょうが、それでも激減することは想像できませんし、むしろ新車販売台数は増えるのではないかとさえ思います。

私は意識高い系≒都会人というド偏見を持つ田舎民ですので(w)、こういう説を唱える人は東京とかに住んでて実際にクルマを使ってない、もしくは必要度が低い人たちなんじゃないかなぁと思ったりするわけです。
何故なら、実際にクルマ使ってる人が「カーシェアになったらクルマいらない」という思考に行き着くとはあんまり想像できません。

ユーザの実運用ケースごとに、見ていきますね。

1:都会でクルマ持ってる人

東京で軽自動車ってレアですよね。

それは何故かというと、駐車場代もバカにならない都会で、しかも電車文化が発達し切ってクルマなんてなくても生活していける人が、わざわざクルマを買うということはつまり、

「好きだから買ってる」

という側面がデカいと思うんですよ。
だからアウディとかBMWとかがベンツとか、もうとにかく外車が多いわけw
ある程度資産的に余裕のある人が、趣味半分としてクルマを持つ。
これが大きいと思うわけですな。

ということはつまり、カーシェアが普及したとしても、

「そもそも趣味志向としてのマイカーなので、カーシェアに代替されない」

という結論にたどり着くと思うんです(*´ω`*)
この層はそもそもカーシェアなんてろくずっぽ使わないし、興味もないでしょう。
ウーバーみたいな「タクシーの代替」としてカーシェアならともかく、経済的に余裕があるクルマ好きはマイカーをガレージに並べるべさ、と思うわけ。

一方で、それほどクルマ好きではないけど便利だからクルマ買ったぜ層は確かにいると思う。
こういう層は確かに、カーシェアに代替される可能性は高くなる。
ただね、詳細は後述しますが、カーシェアって通勤通学には使えないと思うんですよ。
となると、休日の旅行や普段のお買い物要因でしかなかったマイカーがなくなって、カーシェアになってガリガリ稼働効率上がるわけで、つまり、

「稼働効率上がったらクルマの買い替えいるだろ?」

と思ってしまいますねw
マイカーではなくなっても、稼働効率上がるシェアされるクルマがガリガリ動くわけで、結局買い替えの需要はなくならないという原点にも見えます。
そもそもビジネス用途を考えれば、常に待機車が出るレベルでの台数を用意しておく必要性があるはずで、それを考えれば台数だって結構消費される。

もちろん、置き捨てられた週末専用車の10台がカーシェアの1台に統合されれば、「新車が売れなくなる」効果は少しはあるかもしれません(気分で買い換える人が減るから)。
が、統合された方の一台は消耗品として容赦なく乗られるので、買い替えの絶対量がそこまで減るとは思えませんね。

そしてそもそも、駐車場のバカ高い都会で、週末専用車としてクルマを持ってる層は、どう考えても少数派だと思うわけです。

2:田舎でクルマ持ってる人

これ、クルマが生活必需品なのは、田舎であればあるほど濃いわけなのですが。

田舎のご家庭にカーシェアとか無理だろw

と普通に思いますよ。
だって、通勤でクルマ使ってる人が、カーシェアに変えるとかありえないでしょ?
どうやって通勤でカーシェアすんのさ??

例えば、一番会社から遠いヤマダくんのクルマにカーシェアするとしよう。
その通勤模様を予想してみました。

~~~~~佐藤サンのカーシェア通勤日記~~~~~

サトウ「……おかしいなぁ、待ち合わせの時間なのに、ヤマダが来ないぞ?」

プルル プルル(携帯の着信音)

サトウ「……ハイ、サトウですけど」

ヤマダ「ゴホッゴホッ、すいません、ヤマダです」

サトウ「おおヤマダくん、どうしたの、会社遅刻しちゃうぞ?」

ヤマダ「すいません、某ウイルスのB型になりまして、今日会社休みます」

サトウ「……えっ、マジ? 俺どうやって会社行くの?」

ヤマダ「ゴホッゴホッ……僕の知ったことじゃありません。お疲れ様です」

プチッ、ツーツー(電話の切れる音)

サトウ「…………ヤマダァ(*´Д`)」

~~~~~~~~~~~~~

そんなときには公共交通機関使えよ、とかいうユーザ視点絶無な意見はなしでw
だって公共交通機関が家、会社のそばにあるなんて保証は、田舎にはどこにもないですから。
そしてそもそも公共交通機関でいいやと思ってる層は、マイカー通勤しませんからね。

では、誰かのクルマにカーシェアするというのが無理なら、そこらへんのレンタカーよろしく、近所の駐車場に置いてあるカーシェア専用車を都度借りて通勤するのか?

個人的には、それこそバカな話だなぁと思います。
だって多分それ、マイカー買うより高いですよw
人件費がないからタクシーよりは安いだろうけど、それがマイカー代より安かったら運営事業者元取れないと思うねww

タイムスのカーシェアは15分200円、1時間にして800円ぐらいだが、これを通勤でやると800円×10時間で8,000円/日となり、これを月額換算すると160,000円/月となるわけ。
長時間プランみたいなの使っても月額10万以上するわけで、そんなコストかけて通勤するアホは世の中にいないwww
もちろん、レンタカー借りるよりは安いし、もっと価格が下がることは想像もできますけど、それでも月額5万あればマイカーな田舎民的には全くメリットがないです(´・ω・`)

通勤ルートの片道だけ、出社後はそのあたりの駐車場にクルマ置いて「契約終了」となるなら、片道1時間だとしても往復1,600円だし、月20日利用でも3万円程度。また現実味はあるかもしれません。
でも、「どこの駐車場にも乗り捨てられるカーシェア」ってことは、いざ自分が帰ろうと思うとクルマがない危険性があるというわけですなww
運用上色々盲点があるわけです(´・ω・`)

ていうかそもそも、カーシェアというのは稼働効率が集中する時間帯には意味をなさないと思うわけです。待機してるクルマの稼働効率を上げようという話だからね。
通勤通学で皆がクルマ使う時間帯に余ってるクルマなんてないし、通勤通学で使って会社に持っていくと、今度は帰路の便も保証する必要があるわけで、ちゃんちゃらあり得ないお話になる。
それをこなそうとすると、必然的に単価も高くなるし、台数も多くなるのですな。

ただ、影響を受けるとすればセカンドカー需要は可能性があると思います。

働いてない奥さんとかのご家庭にセカンドカーとして配置された軽自動車なんかは、カーシェアで代替される可能性は確かにある。
通勤の必要がなく、通学における送り迎えもないのなら、稼働効率が薄い時間帯を見計らって使えばいいわけだからね。
まあ仕事してないなら別にクルマもいらんだろと思うわけですが……お買い物とかかな?

しかしながらこれも、イコール「新車販売台数激減」になるかというとそうでもない。
セカンドカーとしての台数が減るのと「今までクルマ使ってなかった専業主婦がカーシェアを利用し始める」ことと比べれば、後者の数が少ない可能性などどこにもなくて、利用率が上がってクルマ(シェアされる車)の買い替えが促進される可能性も非常に高いわけです。

というわけで、カーシェアについて諸々語ってみました。

いや、すげー便利なサービスだとは思うんですが、これを「イコール新車が売れなくなる」ととらえるのは、正直運用が見えてないんじゃないかなと思います。(SE的意見w)
まあ未来がどうなるかなんて誰にもわからないんですが、自分はカルロス・ゴーン氏と同意見で、「カーシェアが普及すればむしろクルマの販売台数は増える」と思ってたりします。

さて、そろそろウチのクルマ買い替えレポートをはじめるかね……( ゚Д゚)

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. ビール猫 より:

    そもそも、カーシェアリングって、ホントに普及するのでしょうか?

    都会でたまにしかクルマに乗らない人にはいいかもしれませんが、それって、レンタカーじゃダメなの?

    私も意識低い系というか、守旧派なので、意識高い系の言うことはよくわかりません(苦)。

    例えば、EVマンセー記事を書きながら、自らはガソリン車に乗ってたりして(笑)。

    • セトシン より:

      ビール猫さん、コメントありがとうございます♪
      返信遅くなって申し訳ありません(汗)

      諸々の経費が下がる分、レンタカーより安いのが強みではあると思うんですが、仰る通り方向性としてはレンタカーの代替品に収斂していくと思うんですよ。
      マイカーの代替になるのは結構ハードルが高いんじゃないかなぁと。
      運用面での利便性が上がらないと、一般の人はついてこないんですよね。

  2. そうそう、意識高い系はねぇ・・・
    セトシンさんより更にクソ田舎の我家からしてみたら、何を寝ぼけたことをって感じですね(^^;)
    それと、オイラ的にはEVは軽自動車代替なら(価格さえ見合えば)今すぐにでも普及すると思いますね。だって、田舎の軽自動車の使われ方って下駄代わりなんで、まさしくEV向きだし。
    うちなんてほんとに大人の頭数分車がないと生活が成立しない地域なんで・・・
    大学すら電車でもバスでも行けないようなところにあったりするし(汗)
    田舎じゃ必需品なので、諸経費をもう少し下げて欲しいっす・・・

    • セトシン より:

      ベリバレオヤジさん、コメントありがとうございます♪

      それわかりますw
      やっぱりバッテリー単価の問題はあるんでしょうが、軽自動車の代替品と考えればEVは運用面にジャストフィット。
      近距離移動中心なら経済的で、すごく便利だと思います。
      高速走行しないなら、加速性能もすごく快適ですし♪
      i-ROADとかリアルに普及してほしいところですよねw

  3. shin より:

    私は地方都市在住ですが、まわりに何箇所かカーシェアの駐車場あります。前に使ったことありますが、事前に発行されたカード持ってれば、カードかざすだけで、乗れるので楽ではあります。
    ただ近くても歩いて10分くらいのところであり、赤ちゃんいるので、車取り行って、ベビーシート取り付けたりが、面倒でした。

    なので、特に欲しい車なくて、夫婦二人だけの生活で、カーシェアの駐車場が、マンションや自宅のすぐ真横にあって、車は、たまにしか使わなくて、あまり車で旅行とか泊まりいくこともない生活を送っていたら、カーシェアもありかなと思いました。
    だから、カーシェアで大丈夫な人は元々、そんなに車を必要としていない人だと思うので、販売台数と比例はしないかなと思いました。

    • セトシン より:

      shinさん、コメントありがとうございます♪

      ですよね、運用面での壁は結構大きいと思います!
      意識高い人は、「いや、駐車場から家までは自動運転で来てくれるから!」とか言いそうですが、それは多分商用利用なので有償サービスになって金がかかるという感じでしょうかw
      元から車を必要としない層の人については、カーシェアってすごく合理的なサービスだと思うんですが、正直それ以上のものじゃないんですよねぇ……。
      通勤族とかの地方都市族にはちょっと無理かなぁと思います^^