正直コペンのドレスフォーメーションって外してるよねと思う。好きだけど。

コペンとDFRAME
出展元:ダイハツWebサイト

久々の更新となってしまいました今日この頃。
4歳児の遊び相手で土日はサッカーの二部練習な毎日ですw

今日は最近の僕の心のオアシス、コペンについて書くよ!w

スポンサーリンク
レクタングル大

ドレスフォーメーションって流行ってるの?

いきなりだけど、心のオアシスをdisるよ!w

ていうのもですね、思ったわけですよ。
コペンのWebサイトをブラりと見に行ったら、TOPに上がってくるのが上記の画像。
D-FRAMEなわけですが、「広がる楽しさに乗りませんか」的な言い方もあってか、「ああ、着せ替えのことか」と一撃で認識したワタクシ。
まあ厳密にはコペンというクルマの骨格技術の総称なわけですが、多くの人にとっては、この展開はドレスフォーメーション推しにつながるのではないかと思うわけです。

それで、不肖ワタクシ、

これって何?(´・ω・`)

と思ったわけですw
ドレスフォーメーションって、そんなにコペンの売上に寄与するものなの?みたいな…。
敢えてトップに持ってきてるぐらいですもん……。

コペンが出た当初は「うわすげー!」と無邪気にはしゃいでた私ですが、今となっては現実に気づかざるをえません。
いや、むしろ今でも「うわすげー!」なんですけど、ぶっちゃけドレスフォーメーションというのは、

失敗してますよね、マーケット的に(*´Д`)

と、思わずにはいられません。

だって、外部のパーツショップとかから、専用アイテムがわっさわっさ出てるかと言われれば、全然そんなことはないですもん。
twitterとかで「#ウチのドレスフォーメーション」とかってハッシュタグが大盛り上がりっての、見たことないですもん。
ていうか取り付けはディーラーでとかなってますもん。
さらに極論を言えば、

コペンの販売台数が伸びてないですもん!( ゚Д゚)

具体的にドレスフォーメーションの市場規模なんて検索しても出て来ないので図りようがないですけど、それでも絶対的に成功してないとは思う。
アフターマーケットの市場なんて、現状のコペンの販売台数では成立することは無理だスよ。
月販300台とかじゃないッスか……|ω・)
特にドレスフォーメーションなんて、コペンしかターゲットいないんだから……。

んで、何でまたこんなドレスフォーメーションを代替的にコペンのサイトで告知してるんだろうダイハツさんはトヨタに絞られて頭ワルしになったのかなぁとか、脳内で勝手に色々disってたのですが、

そうか、そろそろ現行ユーザがデザインに飽きてくる時期だと思ってるのか!( ゚Д゚)

と不意に納得しましたw

現行の販促サイトが中途半端だと邪推するw

推測というか邪推ですが、つまり現行のWebサイトは、

「新しいユーザのためではなく、現行コペンを買ったお客さんから金をさらに搾り取ろうとしているのか??」

と思ったわけなのですね。。。
何度も言いますけど、これは自分の完全な邪推ですw

いや、もちろん作り込み的にはきちんと新規顧客の開拓を向いてるんですけど、何でそれなら敢えて「D-FRAME推し」なのかが理解できない。
よしんばボディ剛性的なへんとか、シャーシ性能とかアピールしたいのであれば、それはコペンという車種を販売側が理解していない証拠ですし、多分その後の展開を見てもそういうわけではないと思うのですよね。
あくまでコペンはエクステリアとオープン性が第一のクルマなのですが、それならD-FRAMEなんてわかりにくい単語を販促の第一に持ってくる必要が果たしてあるのかどうかという点が疑問の発端でして、まあWeb屋の端くれとしての「顧客心理」と「コンバージョン」あたりを意識してつくったら、Webサイトはこうはならないんじゃないのかなぁ、みたいな。。。

つまり、あまりに売れなさすぎて、販売サイドがどういうWebサイトをつくろうか迷った結果、既存ユーザに着せ替えを匂わせつつも新規顧客開拓してるという、そういう中途半端なキャンペーンになったのかなぁとか勝手に思ってる次第です。

とまあ、何でこんなことを言い出したのかと言うとですね……。

コペンもっと売ってよ!
今のマイソウルカーなのよ!( ゚Д゚)

という、ただの魂の叫びでございましたw
ぶっちゃけ、ドレスフォーメーションを推すなら、購入時オプションにしないと無理だし、デザインの種類が少なすぎて無意味になってると思うのよ。
やるならもっと投資しないと意味がないが、その結果としてのリターンが期待できるかと言われれば微妙な車種なのでしょうねぇ……(*´Д`)

まあとりあえず、自分はマイナーチェンジを待ちます。
トヨタの新型自動ブレーキが、ダイハツ車にも波及されると信じている!( ゚Д゚)キリッ

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大