CX-8の25S(ガソリンノンターボ)に試乗!ディーゼルと比較したその真価とは!?

CX-8の25S、色はディープクリスタルブルーだよ♪

 

乗ってきましたCX-8!!(ノ ゚Д゚)ノ

え? 前に散々試乗してただろ?
またディーラーにたむろして営業を困らせるクソ客乙?

甘い、それは甘い考えです。
そらもう、べっこう飴のように甘ったるい考えです!(イミフメイ)
人は日々進化するもの…ディーラーの寄生虫として某M社N店にウザがられた(のではないかと割と本気で思っている)自分ではもはやありませんぜ!( ゚Д゚)

 

今回は何と、CX-8の25Sプロアクティブに試乗してきたのです!
つまり、ガソリンのノンターボに試乗してきたのです!!

 

ワタクシ、思ってました。

世の中にCX-8の試乗記事は数あれど、そのほとんどはディーゼルとガソリンターボ。
自動車評論家さんが小気味良く出来を誉めそやしても、それはすなわちディーゼルとガソリンターボ。
成熟した乗り味、力強い走りだし、そりゃどうも。
そりゃ高いからいいよね、わかるよ、でも買えないよね。購買者の視点をもう少し考えてくださいよセニョール。

 

大事なのはプライスタグなんだよ!
良いクルマはプライスレスとか、ありえねーよ!!( ゚Д゚)クワッ

 

というわけで、本日はCX-8のガソリンノンターボモデル。
庶民の味方、CX-8の25Sプロアクティブの試乗レポートです♪

 

スポンサーリンク
レクタングル大

ノンターボで力不足?25Sを舐めるなよ…!?

庶民の味方25S、ターボ無しが非力かどうかは……?

 

さあ、25Sくん。
厳密には25Sのプロアクティブくん。

試乗といっても、みなさんの興味関心は一つではないでしょうか。

 

「ターボ無しのガソリン2500CCで力不足ではないのか?」

 

そりゃ当然、車重が重たいからCX-8にはディーゼルターボを最初に用意して販売したわけですから。
ここで25Sなんてグレードを用意されても、ガソリンでしかもノンターボとなったときに、果たしてちゃんと動いてくれるんでござるかというのが、庶民的には最大の関心事なのは疑いありません。
「ミニバンなんて乗っててつまらない」と捨て台詞を吐きつつCX-8を模索し、その挙句に重たくて運転が苦痛になるような現実が待っていたのででは、正直お話にならないわけデスからね…(*’ω’*)

 

さて、パワーの件に関していきなり結論から申し上げますと、

「全然力強いぜバーロイ!( ゚Д゚)」

でございますが同時に、

「いやでももっと上を知ってる人には物足りないカモ…(*´Д`)」

でございます。

 

…………どっちやねん!?Σ( ゚Д゚)

 

では、もう少し具体的に申し上げてまいりましょうぞ(敬語変)

 

今回の試乗は、

・まず25Sプロアクティブ(2.5Lガソリン、ターボ無)を運転した

・その後オヤジ(おじいちゃん)が別のCX-8のXD(2.2Lディーゼルターボ)に試乗した際に、後部座席に座った。

の二本立てでした。

いずれの試乗についても、両親(我が家のじーちゃんばーちゃん)と自分、マツダの営業さん(女性)の計四人乗車で試乗しています。
そのため、実際の多人数乗車時の使用感にかなり近いのではないかと思います。
お前みたいなトーシローのクソヤローの感覚が信じられるがF〇〇K!という方は、そっとブラウザの戻るボタンを押してねw_( _´ω`)_ペショ

 

んで、最初にガソリンに試乗したのですが、第一印象としてはやっぱり、

「思ったより力強いな」

というものでした。
これはあくまで印象論ですが、パワー的な意味もさることながらトルク的な意味合いもあって、走り出しの加速で不足を感じなかったという、結構ポジティブなイメージです。(多分ATが上手くやってくれてる部分もあるんだと思います)

元々、ガソリンとディーゼルに最高出力的な差はそれほどありません。
加速部分で不足を感じなかったというのは、つまり、必要にして十分な性能をCX-8のノンターボさんがお持ちになっているということに見えます。

 

ただ一つ明記しておかなければならないのは、今の我が家の愛車事情。

自分が主に運転するアクセラは1,500ccの15Sであり、そのスペックは111psに対して1,260kgという現実。
パワーウェイトレシオにして、11.3kg/psというスペックになります。
これに対してCX-8の25Sプロアクティブは190psで1,740kg、パワーウェイトレシオは9.15kg/psという数字になり、「いや、うちのアクセラちゃんと比べたら全然力強いやん!」という結論に達してしまうのは仕方がないところでもあります^^;

 

その他、操舵感覚としては改めて言明するようなものはないかなぁ。。

世間一般ではしなやかなハンドリングがどーとか大人な運転感覚がCX-5と違うねぇとか言われているそうです。言われているそうです。(大事なことなので二回言いましたw)
が、そういう細かいことは専門家の方のレビュー記事でも読んでやがれでござあいますw 自分にはわからんw

ただ、確かにディーゼルより車体が軽いのは感じました。
んで、個人的にはむしろ、フロントヘビーな車体をトルクで力強く運んでいるディーゼルのほうがずっしり感というか安心感的なものを感じたような気もします。気もします。(大事なことなので……略w)

後、25SにしてもXDにしてもそうですが、ミニバンではない一方で車高は相応に高いので、セダンやハッチバックの運転感覚と比べるとやっぱり違和感はあります。
特にカーブ(…じゃダサいから、走り屋はコーナーっていうんですよねわかります)とか、Gベクをもってしてもちゃんと運転しないと体が持っていかれるのは致し方ないところですかね。

ディーゼルと比較したガソリンNAの力感

さて、先ほどまでのNAモデル試乗の感想をまとめるとつまり、

「いや、別にフツーだよ? 力不足なんて全然感じないよ?」

というワンポイントになります(今まで長々と書いてスイマセン…(*´Д`))

 

ただ、ではディーゼルが無用の長物なのか?

そう問われれば、やっぱりそんなことはない。
その後おじーちゃんの運転するXDに乗ったのですが、やっぱり違います。。。

では何が違うのか?

そりゃもう、やっぱり加速です。

ただ、これは力感が違うという以上に、感じ方として「別のノリモノ」感はあります。ディーゼルの加速はディーゼル特有の気持ちよさがあります。
高過ぎて乗る気すら起こりませんが、きっとガソリンターボにはそれなりの別生物感はあるんでしょう。

ガソリンNAの25Sの加速フィーリングと、ディーゼルターボであるXDの加速フィーリングは、全くもって質が異なるのです。
異なるのですが、それをもって単純にXDが良いかと言われるとそんなことはなくて、かなり「好みの問題」感はあると思います。
間違いなくディーゼルの方が加速に力はあり、「重機動兵器が動いてる感」はありますが、一方でガソリンのナチュラルな加速フィールが好きという人もいるはずです。自分もガソリン好き。

 

話が散文的というか、フィーリングの話になってしまったので、ちょっと整理しますw

個人的な意見としては、単純に動力性能(加速力)の差という意味では、値段の差ほどに25SとXDに乖離はないと思います。
ただ一方で、現実として差は確かに存在している上に、実際の運用維持コストを含めて比較するなら、「ああ、ディーゼルが買いだよなぁ」と思ってしまったことも事実です。

 

数字で考えるディーゼルとガソリンの差

ここで、実際の数字を見てみましょう。

グレード最高出力最大トルク
25S(ガソリンノンターボ)190ps25.7kgf・m
XD(ディーゼルターボ)190ps45.9kgf・m

表のように、最高出力の差はありません。
つまりATがうまいことやってくれれば、最大トルクの差をそれなりにカバーしつつ、快適に運行できるように頑張れるというわけです。
表中には記載しておりませんが、車両重量もXDの方がだいたい100kgほど重たいので、パワーウェイトレシオ的な観点も入れると、さらに差は縮まります。

もちろん、この倍近いトルクの差が「ATの工夫」で埋められるものではないし、 ディーゼルの方が「快適な走行感覚」なのは言うまでもありません。
ただ、自分の中での結論的に申しますと、動力性能差を求めてXDに行き着くかと言われれば、割と微妙なラインだとは思います。
旧スポーツターボのようなドッカンズドンな「わあ、俺コレめっちゃ踏みたい!」的なわかりやすいターボではないですし、この動力性能がなければイライラする…というほどに25Sは脆弱ではありません。
埋められない差は確かに存在するけれども、それは我慢できないほどの差ではない、というべきでしょうかあ。

 

ただ、ここに維持コストの話が加われば問題は別になります。

特に家族の中心となるファミリーカーとして、様々なシーンで活躍することを考えれば、ロングドライブ時の軽油の燃費性能の高さと燃料費の安さを度外視することはできません。
「快適な走行性能」を得つつ、かつそれが「経済的に元が取れる」ことが保証されているのであれば、購入時のコスパの悪さ(?)を割り切ってなお、XDを購入する余地はあるでしょう。

マツダのディーゼル推しの源流はここにあります。
快適(快楽ともいえるかも)な走行性能に経済性・環境性を裏付けるというのは、よりよい御車を探し求めるパパたちにとってなかなかに素晴らし過ぎると申しますか、尊いと申しますか。
敢えて現代風に表現するなら、「推しが尊過ぎて泣ける…(*´Д`)」という感じでしょうか(謎)

 

なので自分のような鳥栖やら大分やらまでクルマで出撃した挙句、推しのチームがフルボッコされてお通夜で岡山まで帰る悲しき Jリーグアウェイ沼住民的には、俄然XD推しにはなってしまうなぁというのが、実情でござる…(*´Д`)

 

25S(ガソリンノンターボ)を推すべき家族とは?

イイネ25S! XD推しの結論があっても、マイソウルメイトだよ!

 

結論から申しますと、

それでも我が家は買うなら25Sだと思います(爆)

 

だってお金ないんだもん…(*´Д`)

Jリーグの応援で日本全国旅行に行き過ぎてお金がないんだもん…(*´Д`)

 

っと、まあ我が家のお財布事情は置いておきましょう…w

 

推しはあくまでもXDとなった上で、25Sの価値とは何なのか。

わかりやすくこの上なく端的に、そして自分なりの言葉で表現します。
ずばり、25Sの真価を簡潔に表現するとすれば……

 

プライスタグはプライスレス!( ゚Д゚)クワッ

 

おお、素晴らしい言葉だww

 

それはつまり、救いです。
オボシメシです。

本質的にXDの値札には手が出せなくて困ってる人は多いと思います(おれもな!)が、そういう人たちにとって25Sは天の助けです。

マツダ様がもたらしてくださいましたる思し召しじゃあと狂信者のごとく黒っぽい建物に行って、お札をまき散らしましょう。

きっと聖マツダ神様は慈愛の微笑みをたたえながら、「うん、でも値引きはなしね。うちは正価販売だから」と言ってくださいます。

その尊くSいマツダ様の姿勢に改めて恭順の意を示しながら、我が家の将来の収入をマツダ様にくべることを誓う……。

それこそが、25Sの正しい用法・用量というものではないでしょうか?(表現自重)

 

 

ところで全くの私事なのですが……。

 

…………我が家にCX-8が来るかもしんない(*´Д`)A;;

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. yama より:

    試乗レポート楽しく拝見いたしました。

    RX-8に乗られていたセトシン様が、十分力強い!と感じられたのでしたら、
    平地ではMPVの2.3L NAでも特に不満はない自分も25Sで大丈夫そうだと思いました。
    問題の山道は自分は滅多に走らないですし、
    回せば走るのなら元RX-8乗りとしては望むところです。

    これでMTがどのグレードの設定されても気にせず買えそうです(笑)
    あ、でも25Sには4WDの設定がないのかな?

    セトシン家にCX-8納車の運びになるといいですね。
    レポート楽しみにしています。