新型シビックタイプRを仰ぎ見る…我々日本人にはフィットがお似合いなのか?

再びHONDAさんへの愚痴……。

新型シビックタイプRが色々発表されてましたが……。
何で我々日本人にはこんなに縁がないんでしょう??

「間違いなくFF最速」を社長自ら公言したこんなカッコいい車を、何で日本で売ってくれないのでしょう?

シビックタイプR
出展元:clicccarより

スポンサーリンク
レクタングル大

今のHONDAにはブランディングという戦略が絶無

疑問符なのは、ここです。
HONDAは、自分の会社をブランディングする気がないのでしょうか?

自動車会社のブランディングというのは、とても難しい。
「シロウトが簡単に言うなよボケーヾ(゜Д゜)」というのは、確かに正論ではあるんですが。
でも、このHONDAさんに関して言えば、理屈はもっと単純なんです。

要は、今のHONDAに誰が憧れるのか?ということなんですよ。

ポルシェやフェラーリを例に出す間でもなく、高級スポーツを看板にしているメーカーは我々車好きにとって一つのシンボルであり、アイコンです。
ベンツにしても、そしてトヨタが割と最近創り上げたレクサスというブランドにしても、高級・プレミアムという謳い文句をひっさげ、庶民の憧れブランドになっていっています。

NISSANはかつても今も、GT-Rという奇跡のマシンを創り上げることによって、平凡な一自動車メーカーの地位を突き崩した位置にいますし、また別のブランディングを求めてインフィニティというブランドも立ち上げています。
マツダはBe a Driverという強烈な謳い文句と、納得の走行性能、そして何より衆目を惹く強いエクステリアによって「車を愛するならマツダに乗れ!」という自己の持つブランドを回復させました。

んで、HONDAさんは?

かつてはHONDAといえばVTECエンジンの強烈な刺激によって、スポーツ・ドライバーたちのアイコン的存在だったかもしれません。
何より雄弁にHONDAの魂を語っていた、あの赤いHONDAのエンブレムは、当時の町中に燦然と輝いていました。

んで、今は?

S660にNSX…浸透すれば変わるんだろうか?

S660が発売開始になり、新型NSXもそのうち販売が開始されれば…その状況は改善されるんでしょうか?

確かにこの2車種が出そろえば、例えばNISSANのGT-R&フェアレディZのラインナップを数で上回ることになります。
町中を走るNSXもS660も、高らかにHONDAのスポーツ・スピリッツを叫んでくれることでしょう。

……ただ、それがHONDAのブランディング戦略として結実するかは疑わしい。

結局ね、誰しもが憧れたのは、あの赤いHONDAのエンブレムだったんですよ。

コアなファンは、車そのものの性能にもちろん惹かれるでしょう。
でもね、僕みたいなニワカがHONDAに魅せられたのは、本当にあの赤いエンブレム。
そして流麗にマークされたTYPE-Rという称号…これなんですよね。

いやまあ、もちろん車本体も好きで大好きですよ?
だけど、事実として私は、象徴としてのあのエンブレムに、ずっと魅せられずっと憧れて育ってきたのです。

より多くの人の心に焼き付けたいものがあるなら、そういうブランディングの戦略を練り上げることは大切だと思うのです。

つまりタイプRとシビックを日本で売れ!w

はい、何が言いたいかと言うとそういうことですw

いいんですよ、タイプRは販売台数なんて少なくて。
だってアイコンなんですから。
町中を少数台が走っているだけで、HONDAここにありを高らかに宣言してくれているのですから。
私だって到底買えないしねww

そしてシビックを早く日本で売ってくれ!
なんつーか……あれですよ、シビックどんどんかっこよくなっていってるんですよ。
日本販売時のレベルをどんどん超えてかっこよくなってるんですよ。

シビックをもってすれば、トヨタのオーリスなんて蹴散らせるし、マツダのアクセラやスバルのインプレッサといった、世界的なCセグメントクラスとも互して戦うことができると思うんだけどなぁ……。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大