【実録】管理人の車選び!!~第二話 R34スカイラインを50万で探せ編~

cad42f12276cec4b1732eed3d9036c87_s

前回の続き、私セトシンの車買い換え実録レポート第二章です!!(笑)

今回は中古車探しのアレコレ大騒動をお届けします♪
中古車を探される方は是非参考に(反面教師に?w)なさって下さい!!

スポンサーリンク
レクタングル大

目指すは一つ、R34スカイラインのみ!!

遂に買い換えの許可と50万円の予算をGETしたことで、一気に具体化したクルマ選び。
とはいえ、予算50万でどんな車を買えばいいのか……悩みどころです。
当然、50万では新車はムリです。
それどころか、中古車でさえも買える車は……あまりありません。

実際には、この予算では新車価格の低いパッソやマーチのようなコンパクトカーが狙い所でしょう。
中古車になると50万でそれなりに質の良いタマがごろごろしています。

ただし、パッソやマーチに乗り換えるのなら正直R2のままで良かった!
私は予算を聞いた瞬間から、ターゲットを定めていました。

R34スカイライン2
出典元:NISSANホームページより

そう……R34スカイライン。
力強さと美しさを併せ持った、最後のR型(つまり直列6気筒エンジン搭載型)スカイラインです!!

この車は私のファーストカーだったこともあり(事故で廃車´д`A;;)、是非もう一度乗ってみたいと思っていたのです。
しかもここ数年で中古車市場での流通数が激減の兆しを見せており、「そろそろ乗らないともう乗れない車」となりつつあることは明らかでした。

私が狙いをつけたのは「25GT」というグレード。
ベーシックグレードのGTに搭載されたRB20DEはややトルク感に乏しく、しかもスカイラインの1.4tボディを操るにはややパワー不足でした。
25GTならパワー感に不足はない上、パドルシフトによるシフト操作が可能になります。
この上位グレードとなる25GTターボについては、パワー感がある過ぎて少し怖い上、お値段も高く、何よりこの年式になるとターボ車は熱で色々エンジン周りがダメージを受けてそうな気がして……やめておきました。
ターゲットとなるトランスミッションはAT。
MTはさすがに値段が高いだろうという判断でした。

焦って焦って……間違ってはイケナイ中古車選びw

さっそく、思いつく限りの販売店に「R34スカイラインを探してくれ!」と言ってまわりました。
車検までの期限がない、とにかくR34を見つけてくれと頼んでまわりました。ただし予算は50万で!(笑)

このあたり、最初の間違いです。
中古車を買う人は、気をつけて下さい。

中古車は、探してもらうものではありません。
見つけて買うものです。

どういうことか、説明します。
例えばガリバーに「R34の中古車を探してくれ!」と頼んで車両を探してもらいます。
そうすると、基本的に中古車販売店は中古車オークションを探します。

この時点で、50万円でスカイラインを買うという夢は破綻します。
オークションで車両を落札した場合、様々な経費がかかってとても割高だからです。
例えばオークション業者への手数料、例えばオークション会場からの陸送費…様々な諸費用がかかります。
ということは、本体価格が40万だったとしても、購入価格はあっさり70万円越へと膨らんでしまうわけです……。

では、50万でスカイラインを買うことは不可能なのでしょうか?
シティライトの担当者には「50万円でクルマなんてまともなの買えるわけないですよw」とせせら笑われました。
大型中古車販売店では、多くの担当さんが同じことを思っているでしょう。
「50万円で買える車なんて、廃車寸前のボロ車。そんなのに乗るとか、世の中わかってないヤツだな。」
……きっと、そんな考え方は非常に一般的なのでしょう。

結論から言います。

50万円でスカイラインを買うことは不可能ではありません。

実際に、多くのR34スカイラインが総額50万~60万の域で売られています。
その販売店の中にはNISSANの正規ディーラーも数多く、とても信頼の置けない店などではありません。

……では、どうしてこんなに値段の差がつくのでしょうか?

つまり「下取り」が命。故にディーラーは強し!

そう、中古車はオークションで探して買うものではありません。
中古車というのは、前のオーナーが「売った店」で買うものです。

新しいクルマを買った人が、それまで乗っていた車を売る。
売られた店はどうするでしょう?
色々な可能性はありますが、基本的には自分の店で売るということが選択肢に入ってくるはずです。

このとき、「下取り車」と呼ばれるオトクな中古車が誕生します。
何故なら下取り車には、オークション業者に払う手数料もオークション会場からの陸送費も必要ないからです。
そこにあるのは、単純に車両価格と、販売店が得る利益分だけの値段……。

だから、私は中古車の購入先としてディーラーを激しく推薦します。
それはディーラーこそ、「下取り車」の宝庫だからです。
多くの人はディーラーで新車を買い、そしてそのディーラーに今まで乗っていた車を売っていくのです。
だからこそ、ディーラーには中古車が、オトクで質の良い中古車がそろうわけです!!

……これこそが、オトクに中古車を買う最大の方法。
そしてこれこそが、50万円でスカイラインを買う唯一の方法だったのです!!

というわけで、またまた次回に続きます!!(・д・)ゞ

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大