それでも僕はコペンを選ぶ!!~ベスト・オブ・セカンドカー2015~

以前の記事で、S660とコペンの比較を特集したことがありますが、それからわずかの間に、セカンドカーを取り巻く状況は大きく変わりました。

S660は売れ行きがあまりにも好調。
コペンはCeroを投入して巻き返しに打って出ています。
マツダは新型ロードスターを満を持して市場に投入。
唯一スズキとアルトターボRSは、不気味な沈黙を守ったままです。

……うーん、何も考えなければよりどりみどりなラインナップですね!!
だってアルト以外乗車定員二人だしww
まあでも、少しだけ現実を見ながら、でも乗車定員だけは気にしないという謎の前提(笑)で、ちょっとセカンドカー選びの記事を書いていこうと思います♪w

スポンサーリンク
レクタングル大

ただし私はコペンを選ぶ~Best of Second Car2015~

コペンローブ
出典元:ダイハツホームページ

現在の日本車でセカンドカーを選べるなら、私は間違いなくコペンを選びます。
S660もロードスターもアルトターボRSもいいですが、この中ではコペンが頭一つ抜けた魅力を持っていると、私は思っているのです!!

もちろん、これは私の私見です。
考え次第では別の車がより選択肢の上位にくることは、もちろんあるでしょう。
ただ、私と同じ考え方を持っている人にとっては、きっとコペンは最高のパートナーになるのではないでしょうか?

コペンを選ぶ理由1:オープンエアの魔力

名前を出したオープンエアの車たちにはだいたい乗りましたが、快適性で言えばコペンが一番でした。
ロードスターも良いのですが、個人的にはコペンです。
風を感じる気持ちよさだけでなく、全車にシートヒーターを標準装備するなど、オープンエアの魔力をフルに感じるためのしかけを、ふんだんに兼ね備えています。

唯一劣るのがハードトップ。
悪くはないのですが、はっきりいってロードスターのソフトトップの出来があまりにも良いため、相対的に劣って見えるのは致し方ないところ。。。車重も重くなるしね。

また、オープンエアという意味では、S660は相手になりません。
様々な長所を持つS660ですが、しょせんはタルガトップ……。感じる風の気持ちよさ、開放感は、コペンやロードスターといった純然たるオープンカーからすれば、遥かに劣ってしまいます。
手動巻き取り式の幌が、一度車から降りないと脱着できないというのが、最大の難点ですね。
ちなみにアルトターボRSは屋根は外せませんww

☆オープンエアの魅力比較☆

コペン    :☆☆☆☆☆
ロードスター :☆☆☆☆
S660   :☆☆
アルトRS  :

コペンを選ぶ理由2:室内空間

ちなみにこのコペンさん、旧モデルと比べて圧倒的な室内空間の広さを確保しているのも、見逃せないポイントです。
オープンエアの状態での快適性はいわずもがな、ハードトップを閉めたとしても、それなりの快適性をキープします。
逆にS660は純然たるスポーツの印象が強く、室内空間はかなり狭めになってしまいます。

「室内空間なんてどうでもいい!!」

……なーんて叫んでることが多い私ですが、ドライビングシートの快適性には結構こだわるのです!(要するに自分勝手w)
ロードスターも狭くはありませんが、普通車の割にはそれほどコペンとの差を感じなかった印象。
幌をしめた段階ではさすがにコペンより広く感じましたが、それでもそのぐらいです。
車格の差を考えれば、コペンの健闘ぶりが光ります!!

……あ、ちなみにアルトは別次元に広いですよ?w

☆室内空間の魅力比較☆

コペン    :☆☆☆
ロードスター :☆☆☆
S660   :☆
アルトRS  :☆☆☆☆☆

コペンを選ぶ理由3:ターボエンジン

上記のようにほぼほぼの項目で互角の勝負を繰り広げるコペンとロードスター。
ただ、それでも私が「コペン」を断言するのには、理由があります。
その理由の中で、ターボという要素はやはり外せません。

エンジンの官能性や、その性能をフルに出し尽くしたときの味わいといった成熟度では、コペンのKF-VETはロードスターの誇る新世代スポーツスカイアクティブエンジンに歯が立ちません。それは認めます。
ただし、ロードスターのエンジンはNA(ノンターボの自然呼気)で、低速から力強いトルクを発揮するわけではありません。
高回転になったときの気持ち良さや伸びやかさでは、ロードスターのNAエンジンは圧倒的ですが、低回転時からパワー・加速において、ターボはNAにまさります。

これはね、正直完全好みです。
というより、私も金銭的事情さえなければNAのほうが好きかもしれません。

……え? ターボのほうが燃費悪そうじゃないかって??

違う違う、そういう意味じゃありません。

だって、ターボだったらもうターボ効くのは仕方が無いじゃないですか?
アクセル踏んだらターボが効くんだから。

NAの場合、自分で意識してエンジンの回転数上げないといけないんです。
つまり、思い切りガソリンが減る運転をしなければならないんです!!

「ぐあぁぁぁっ!オレのお小遣いが削られていくぅぅぅっ!!(´д`)」

という想いを味わいながら加速するのは、なかなか勇気がいるものなのです(笑)

ちなみにターボエンジンはS660もアルトも装備していて、どの車も面白いエンジンだと思います♪
ていうかどの車もきっとエンジンは最高なのですよ!!
後はその魅力を発揮できる(勇気と収入が自分にある)かどうかだけなのです!!(笑)

☆エンジンの魅力比較☆

コペン    :☆☆☆☆
ロードスター :☆☆☆☆☆
S660   :☆☆☆☆
アルトRS  :☆☆☆☆

コペンを選ぶ理由4:やっぱり世の中お金やろw

ぶっちゃけ、金さえあればロードスター買うかもしれませんよねww
でも正直、初期購入コストの差・維持費の差を考えると、まあコペンでいいかなと思ってしまいます(^^;

やはり選ぶ基準として、お金の問題は避けて通れませんから。
軽自動車の維持費の安さというのは、正直反則だと私は思うんですが、それでもまあある以上は利用するべきだと思うし……。
あれが1000ccクラスの維持費取られるのなら、ロードスターまでいっちゃうのも全然ありだと思っちゃいますけどねw

ちなみに購入価格・維持費ともに最強を誇るのがアルトターボRS。
本当にこの車、エグいぐらいのパフォーマンスなんですよね。
MTさえあれば無敵なのに……と思ってしまいます。

☆コストの魅力比較☆

コペン    :☆☆☆   180万円~(軽自動車)
ロードスター :☆     250万円~
S660   :☆☆    200万円~(軽自動車)
アルトRS  :☆☆☆☆☆ 130万円~(軽自動車)

コペンを選ぶ理由番外編:ドレスフォーメーションという魔法

実は私、このドレスフォーメーションには結構期待しているのです。

というのも、例えば購入後4,5年経ったします。
すると、「そろそろ別のデザインも……」って想いが出てくるんじゃないか?
別に普通なら(特に比較4車種のようなデザインの良い車なら)自分の車のデザインに不平不満なんて出てこないんでしょうけど。
でも、着せ替えという余地を用意しておいたら、意外にそこに気持ちが向くんじゃないかって、私は思っているのです。

こればかりは、乗ってみないとわからないんですけどね(^^;

というわけで、様々なポイントからコペンの魅力にフォーカスしてみました!!

実際には、結構白熱した接戦ではあるんですけど。。。
やっぱり私の条件を一番満たしてくれるのは、コペンだなぁと。
そしてコペンならなんとか、ヨメを説得できるんじゃね? みたいなww

コペンをオススメしたい人は、ズバリこんな人!!

錚々たるメンバーの中、あえてコペンをチョイスした私ですが、それにはもちろん、私なりの事情があります。
それぞれの車にそれぞれの魅力があるので、一概に「これがいい!!」とは言えません。
ですが、以下のような条件にアてはまる人には、私はコペンを推します!!

1.カッコいい車が好き

2.運転するのが楽しい車が好き

3.でもスポーツ運転をするわけじゃない

4.あんまりお金もない

5.結婚してるけど、頑張ればセカンドカーなら可能性アリ…

つまりこれがまあ、私なんですけどねww

実際には、コペンもMTの方が楽しいんでしょうけど、買うとしたらCVTになるかなぁ。
やっぱヨメにも、オープンエアでドライブする楽しさを知って欲しいですからね♪
AT限定のヨメにも、同じように車の魅力を味わってもらうことが、家族円満ファミリーカー生活のポイントだと思っています!!

ま、個人的にはそこがCVTってのが最大のネックなんですけど!!w
ATにしとけやゴルァ!ヾ(゜Д゜)

中古市場での可能性に、かなーり期待しています♪♪
目指せ5万km未満5年落ち未満での100万切り!!(笑)

正しい買い方をすればものすごく得?

新車のお得な買い方とは?

→新車をお得に買う鉄板の3原則はこちら!!

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大