ファミリーカーのサイズにご用心!ファミリーカー選びは「大は小を兼ねる」のか!?

車選びの悩みw

この前、平日の昼間からテレビを見ている(有給中!w)と、なんかのワイドショーで炊飯器の特集をしてました。
その中で出てきたのが、

「炊飯器は大は小を兼ねない」

という言葉でした。
なんでも、5合炊きの炊飯器で1合の飯を炊くのと、3.5合炊きの炊飯器で1合の飯を炊くのでは、後者のほうがおいしく作れるらしいですね~。

……なんでこんな話をしたのかというと。

今回のテーマはずばり 車って「大は小を兼ねる」のか!? …というテーマで記事を書こうと思ったからですww

べ、別にネタが尽きてるワケじゃないんだからねっ!?ヾ(゜Д゜ヾ

スポンサーリンク
レクタングル大

大きい車を買って後悔するポイントをまとめてみた

車選びの後悔

もしかしたらー、家族が増えるかもしれないしー。

もしかしたらー、子供が3人ぐらいできちゃうかもしれないしー。

何か家族や友達とかと旅行とか行くかもしれないしー。

だからー、大きい車買っとうこうよー。

……これはきっと、後悔するパターンですね(・∀・)y-~~~

私的には、車というのはジャストサイズを選ぶのが一番。
いきなり結論を出して申し訳ありませんが(笑)、私は車選びについて「大は小を兼ねない」と思っている人です。
それは1,2年先のことを考えることは大事ですが、必要以上に「もしかして」を考えるのは、絶対によろしくありません。

では、大きい車を買うと具体的にどういうことで後悔するのか、例をあげてみましょう。

1.購入価格が高い

そもそも論として、大きい車は高いです。
小さい車でも高い車はありますが、一部例外を除けば基本は高い車のほうが高いです。

狙い所としては中古車でしょう。
「大きい車」の定義にもよりますが、5ナンバー系のミニバン(特に非スライドドア型)は値下がり傾向なので、コンパクトカーや軽自動車より安く買える可能性もあります。

ただ、それも例外の話。
原理原則として、大きい車のほうがコストは高いということは、意識しておく必要があるでしょう。

2.燃費が悪い

大きい車というのは、そのサイズのぶんだけ、重いのです。
重いということは、すなわち燃費が悪いということ。
コンパクトカーだとリッター20kmある燃費も、大型ミニバンではリッター10kmに落ちてしまいます。

これを解消するため、大型車でハイブリッドなどという車も存在しますが……。
私にはそれこそ、本末転倒としか思えません。重い車の燃費を良くするのに、さらに重いハイブリッドシステムを搭載するなんて……。
これで税制面で優遇されるわけだから、世の中わけがわからんですよねぇ(´д`A;;

実際には、ハイブリッドシステム搭載車はさらに購入価格が跳ね上がりますので、避けた方が無難でしょうね……。

3.維持費が高い

大きい車というのは、前にも言いましたが「重い」のです。

重いということは、前に書いた燃費以外にも、様々なデメリットがあります。
その重いというデメリットを補うため、多くの大きい車はエンジンをパワーアップし、排気量を大きくしています。
そのため、自動車税などの面で、小さな車に比べて維持費はかなり高くなります。

例外として、排気量を大型化せずにターボエンジンを搭載した車種が存在します。
最高出力は落ちますが、低速から引っ張り上げるトルク感が持ち味のエンジンが多いです。

4.大型車は取り回しが難しい

当然、大きい車ほど取り回しが難しいです。
大きな車体を支えるホイールベースは当然長く、小回りはききません。
駐車上にも入りにくくなるでしょう。

家の車がシルビア→R2→新型アクセラの変遷をたどった私が相当実感していることです!(下手なだけと言わないでww)

5.つまり重いのでツマラン(・д・)y-~~

まあ私的にはここはデカイのですが……。

重い車って、個人的にあんまり……。
やっぱ、軽いは正義じゃないですか?
まあ重い車は重い車なりに色々あるんでしょうけど、自動車が意のままに動く楽しさって、やっぱライトウェイトが基本だと思っているワタクシ……。

はっきり言いますけど……乗れるうちは車重軽い車のほうがいいですよ?
どうせ家族が増えたら、もう乗れなくなるんだから……(。・ω・。)

6.外観は箱型になる(´д`)

大きい車というのは、例外はあるにせよ基本的には室内効率優先。
室内の広さを優先する関係でエクステリアはおざなりになりがちです。

つまり、どうしても箱型の形状にならざるをえません。
エクステリアに流れるようなラインを求めがちな私とかには、どうしても……(´д`A;;

核家族の間、子供が2人までの間は、スタイルを優先する車に乗れる時期、つまりチャンスなのです。
是非スタイリッシュな車に乗って欲しいですね♪

……以上、私の考える、ファミリーカー選びが「大は小を兼ねない」と思う理由です。

あくまでも個人的な意見ですが、車の買い換えを考えられている方の参考になれば幸いです♪

それでも大きい車を買った方が良い人とは!?

もちろん、例外はあります。

例えば既に子供が2人いて、お腹の中には3人目……という方。
両親を含めた5人以上の家族で生活していて、大人数でよく外出する……という方。

こんな方は確かに、大きい車を買った方が絶対にいいでしょう。
ただし、大家族であっても、全員で外出する機会が少ないのなら、レンタカーを必要なときだけ都合した方が安上がりかもしれません。子供が2人いても、まだ3人目の予定がたっていない場合は、中古車である程度好きな車を買っておくというのが手かもしれません。
「大きな車を買わなきゃ!」ということは中々レアなパターンだと思うので、慎重に検討してみて下さい。

ただ、何が何でも大きな車を買ったほうが絶対にイイ!!という人も世の中にはいます。

それは、「大きい車がとにかく好き!!」という人です。
そういう人は、是非大きい車に乗って下さい。
様々なデメリットを乗り越えて、奥さんの反対もなんとか押し切って、大好きな車とのマイカーライフを是非実現して下さい♪
私のスポーツカー好きにしてもそうですが、やはり車というのは、本人が愛着を持てる、好きな車に乗ることができるのが一番だと思うのです♪(予算の範囲でw)

以上、私の考える「ファミリーカーって、大は小を兼ねるのか?」の結論です。

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大