ダイハツの新型軽SUVは単なるハスラーの後発?残された手は「アレ」しかない!

ダイハツが新型軽を出すらしいですね。
「日本の軽に、新しい風」「あなたを、日本を、おもしろく。」なんて強烈なキャッチフレーズを振りまいてますなぁ。
これは期待せずにはいられない!!

ダイハツの新型軽
出展元:ダイハツホームページ

……と、思いたいところなんですが。。。

スポンサーリンク
レクタングル大

ぱっと見はハスラーの後発SUV@ミラバージョン

ここから窺える僅かなシルエットでは、正直

「お、ダイハツもハスラーっぽい軽出してきたな!」

……という程度でしかありませんね。

スタイリングはヒップポイントが高めで明らかにSUV。

懸念されていた(?)ウェイクの技術を活かす方向には行かなかったようで、それほど全高は高くなさそう。。。

ダイハツ的なのは某BC誌でも予想されていたミラジーノっぽいヘッドライトでしょうか。

まあデザイン的にはそれほど悪くない気もしますが、「何故この丸目をSUVに?」という声も聞こえてきそう。

丸目出すならミラジーノ出せば良いじゃん(´ω`)

「3つの個性、はじまる」という謳い文句とともに、どうも3種類のグレード(?)を用意しているようです。

ただ、どんなに豪華に作っても、スズキのハスラーがヒットしたからその二匹目のドジョウを狙う程度の戦略でしかありません。
大企業トヨタの子会社であるダイハツのマーケティングとしては正しい方向性の展開かもしれませんが、なんか我々としては、そんな後発軽にそこまで大々的に宣伝されても……。

と、思っていたのですが。

……待てよ、これってもしかして……?

もしかしても何も……スズキに対抗するには最早D-FRAMEしかない!!

スズキが爆発的ヒットを飛ばしたハスラーが試乗を独占する今、対抗モデルを出す意味がないとは言いませんが、そんなものは所詮後発に過ぎません。
そこそこ売れるでしょうが、ハスラーのシェアを逆転するのは極めてムズカシイ。

ではダイハツはどうするのか?
当然、ハスラーにはない独自の魅力を訴求していくしかありませんが、ダイハツに果たしてスズキを凌ぐ何かがあるかと言われれば……。

一つ、あるんですね。

ダイハツにあって、スズキにないもの。
世界で一社、ダイハツだけが持つ特殊な技術。

その名はD-FRAME
新型コペンで採用された「着せ替え」技術です!

これは猛烈に私の予想…ってか妄想でしかありませんが。
もしかしてこの新型軽SUVは、コペンに次ぐD-FRAME搭載車なのではないでしょうか!?

小柄なコペンと違い、軽とはいえ大柄なSUVに採用するのは、中々面倒そうな技術ではあります。
ただ、ダイハツが可能性をかけるとしたらここしかない。
着せ替えコンセプトが、果たしてどこまで一般ウケするのかわかりませんが。
この軽SUV市場で、ハスラーを逆転する起死回生の一手として、ダイハツが手を打ってきても不思議ではありません!!

さて、Xデイは9月9日。

ダイハツがどう出てくるのか楽しみですな♪

この記事が気に入ったら
ぽちっ♪とお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大